美鈴/Misuzuからのメッセージ 【いただきます】
美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
(無料)会員登録
携帯・スマホ用サイト


携帯・スマートフォンはこちら

魂を癒す愛のメッセージ
美鈴講演会 大阪,東京のお知らせ

メッセージ  

  美鈴/Misuzu からのメッセージ                

【いただきます】



食事をする前に、私達は合掌して「いただきます!」と

言うように幼い頃から教えられてきました。




私が通っていた保育園では、

合掌して「神様、仏様、お父様、お母様、先生、お当番さん、

有難う御座います!いただきます!」と、みんなで声を

合わせて言ってから食べ始めました。




そして、先生が「今日は、お魚さんとニンジンさんとジャガイモさんと・・・・が、

入ってるね!感謝して、残さずに食べようね!」と付け加えていました。

みなさんも、幼い頃そうやって教わった経験ありますよね。




コンビ二や、ファーストフードなどが溢れ、お金さえ払えば待たずに

簡単に食べる事が出来る時代「あ・り・が・た・み」感じてますか?

また、私達が毎日口にしているもの・・・

それは、命だという事・命の提供を受けて生かされているという事。

実感出来ていますか?




私が幼い頃、私のお爺ちゃんがブロイラー

(食肉用鶏の大量飼育)をしていました。

大きい鶏舎が5棟ありましたが、私はそこが大好きでした。

可愛いヒヨコが沢山いたから・・・。

勿論、それが食肉用とは知りませんでした。




私は、動物の声をテレパシーのように頭で聞く事ができます。

(会話が出来るワケではありません)

動物は、人間の気持ちを読み取り、頭で気持ちのやりとりをします。




可愛かったヒヨコ達も、だんだん立派な鶏冠を持つようになった頃、

今までなついていた鶏達が私に怯えるようになったのです。

私は、必死に鶏達の気持ちを探りました。

そして、頭の中に見えたのです。




夜中、大きなトラックが10台程鶏舎の前にとめられ

鶏をカゴの中に押し込み、トラックに積み込んでいる映像・・・。

私は、慌ててお爺ちゃんに・それ・を伝えました。

お爺ちゃんは、それが「出荷」で鶏は肉にされると嫌々教えてくれました。




そして、その日みんなが作業を終えて帰った事を確認すると、

私は決行したのです!

〜鶏さんの、救出作戦〜・・・




鶏舎の前方と後方の扉を開け、大きな声をだしながら鶏を外に追い出して、

鶏舎の隣の山に追い込む・・・

1棟成功して2棟に向かった時警報装置が働いたらしく、お爺ちゃんが飛んで

来てしまいました。




失敗どころか、大変な事になりました。




親も親戚も集められ、逃げた鶏探し・・・

私は、大きな柿の木に縛られた状態。

7割の鶏が集められ、落ち着いてきたのは午前3時・・・。




柿の木に縛られ、泣くだけ泣いて泣きつかれた私に、お爺ちゃんは、

さっきとは違って笑顔で近ずくと、縄をほどきながら大爆笑しだしたのです。

「爺ちゃんが、悪かったな・・肉にするなんか言ったばっかりに、びっくりしたんじゃろ?

でも、小さな体でよう頑張ったな〜。(爆笑)




あんだけの鶏を、山へ追い込むのは、爺ちゃんでも無理じゃ!

そうだ!あの鶏さんは、決して食べられる為に生まれてきたんじゃないんだよ。

でも、地球には人間が増えすぎた。

だから、畑でお野菜を作るように鶏も大量に育てなくちゃならなくなったんだよ。




人間が食べてるモノは、野菜も魚も肉も全部、生き物じゃ、だから食べる時は、

その命を無駄にせんようにしなならん。

美鈴の体も命で出来とるんじゃよ。ありがたい事じゃなぁ〜。

さあ!みんなに、御免なさい言いにい行こか・・・」




私は複雑ながらも、納得しました。




牛だって、出荷の前には涙を流します・・・。

私達は、「いただきます」の意味をもう一度考える必要があります。

そして、その意味を子供達に伝えていかなければいけないのです。




「いただきます」

それは、全ての命に「ありがとう」「ありがたく、いただきます」という

心を込めた言葉。いただいた命で生かされているという事。




今でも、あの山あたりには、野良鶏が出没するらしいです・・・。(笑)

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
崇高で優しい場所
コンテンツのトップ 次のページ
私の財産


 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2006-12-12 12:02  更新日時: 2007-1-3 15:05
 Re: いただきます
はじめまして。

まるで、映画とか絵本とかでありそうなお話・・・

でも、美鈴さんの話を映画や絵本にして子供や(子供を持つ)特に大人に「いただきます」の意味を教えたくなりますね。

「給食費をちゃんと払っているのに、どうしてうちの子供に「いただきます」と言わせるんですか!?」と小学校に電話する親がいるそうです。

今は、食べ物が捨てるほどあふれていて、命を奪って食しているというありがたみを感じていない人がほとんどですよね。私もその一人でした。
戦中戦後の日本でも本当に、食べていくので必死な時代もあっただろうし、いま、まさにそのような状況である他の国の人たちもいますからね。

「いただきます」の意味を伝えることで、食べ物で豊かな国を、心の豊かな国に変えることも可能かもしれませんね。

いいブログですね。また遊びにきます
返信




LINEでも金の魂語(きんのたまご)を毎日配信中!
 「 @misuzu 」で検索!


本物の「明るい霊能者」『スピリチュアル・メッセンジャー美鈴』からの魂が輝くメッセージを毎月お届けする有料会員制度

只今、東京と大阪にて講演会を開催しております。講演会に足をお運びいただけない方のために、そして、毎月のメッセージをお届けする場所として「Misuzu Special Member's」がございます。

・お金に愛される魂のみがき方が理解できるメッセージ。
・どんな苦難、苦悩も乗り越えることができるメッセージ。
・お悩み相談の適切なアドバイス。

本物の霊視鑑定だからこそ安心して聴くことができる、他では類を見ないメッセージが収録されています。

「Misuzu Special Member's」詳しくはこちらから
http://misuzu-message.com/modules/tinyd9/


 

期間限定!2016年新規ご入会キャンペーン実施中♪
Misuzu Special Member'sでは、ご登録後、最初の1ヶ月は安心お試し期間として、無料で会員CDをお届けしております。お気に召さなかった時は、翌月分から解除していただくことで料金は一切発生いたしません。

さらに
只今、新規ご入会の皆様に、美鈴特別講演会DVD『STOP虐待!!』(2時間50分 5,000円)をプレゼント!