美鈴/Misuzuからのメッセージ 手を離さない
美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
(無料)会員登録
携帯・スマホ用サイト


携帯・スマートフォンはこちら

魂を癒す愛のメッセージ
美鈴講演会 大阪,東京のお知らせ
・『厄除け講演会』・東京(2月12日)⇒会場参加or動画配信お申込み受け中
・『新春メッセージ講演会』・大阪(
1月15日)⇒動画配信はお申込み受付中!

【手を離さない】

 

わたし達は、親も家族もご先祖さえも十分承知したうえで、

ココに生まれてきました。




その心は・・・

その1、ココでしか学べないことを学ぶため

その2、先祖のカルマを解消するため

その3、自分の未熟な部分を埋めるため

その4、絆を学ぶため(愛することと、愛されることの学び)

その5、家族・身内に学びや気付きを与えるため

・・・etc




その目的を解消するために大事なことは・・・

どんなに腹が立っても、絆に亀裂が入っても、離れて暮らすことに

なったとしても決して・・・

一度繋いだ手だけは離さないこと。




家族を「思うこと」をやめないこと。




家族間の問題は、自分を成長させるためにあるドリル。

だから、簡単な問題って少ないものです。

あの世にいたときは、みんな「わたしなら出来る」って、

自分で自分に課した問題。




大阪堀江の、幼い子供たちがママに育児放棄されて亡くなった事件。

現場の前も移動することも多いのですが、今では、ニュースを見て

現場に慰霊に訪れる方たちの残留思念に変化を感じます。




これまでの幼児虐待に関する周囲の思いとは違って、

「気付いてあげられなくてごめんね」「助けてあげられなくてごめんね」

といった、自分にも何か出来たはず!わたし達にも原因がある!

もう二度とこんな悲しい思いはさせちゃいけない!って、心の声が

聞こえてくるのです。




あの子たちは、この国の虐待や育児に関する「決まりごと」を、

大きく変えるメッセージを残して過ごしやすくてお腹いっぱい食べたり

飲んだり出来るところへ、天使と一緒に帰っていったんですね。。




去年から、今年は虐待の被害が物凄く増える・・・

と、小さいながらも活動してきました。

でも、ニュースにならない虐待や、まだ今も誰も知らないところで

苦しんでいる親子がいます。




今年は、「結果の出る年」。

虐待も、高齢者の所在不明も、全てこれまでの結果なのです。

絆を疎かにしすぎました・・・。




必ず、どのような事情があろうと人は一人では生きていけません。

幼い頃から誰かと手を繋ぎ、誰かに見守られ、思い、思われながら

生きてきました。放置虐待死した2人にも、ママ以外に、離れて暮らす

パパや、じぃじやばぁばだっていて、みんな「思って」いたはずなのです。




でも残念ながら、手を離してしまっていたのでしょう。

手を繋いでいれば、どちらかが石に躓けば自分の手が引っ張られて気付く・・・

どちらかが、悔しい思いや悲しい思いをすれば、

その感情は手に伝わりギューッって力が入って気付く・・・。




人間には感があります。

手を繋いでいれば、離れていても、喧嘩していても

「ご飯食べてるかな?風邪ひいてないかしら?ちゃんと洗濯・掃除できてるかな?」

って、思うはずなのです。。




うちの母は、「夢をみたから・・・」「花が枯れたから・・・」「ただ何となく気になって」と、

昼でも夜でも気になったときに電話を掛けてきます。




お祖母ちゃんは、「梅干を漬けたから」「高菜が美味しく出来たから」

「美鈴ちゃんは喉が弱いからカリンを漬けたよ」「団子が美味しく出来たから」と

それらを送ってきてくれます。




同封された手紙の出だしは、決まって

「元気にしてるね?ご飯食べてるね?・・・」です。




田舎に帰って、お祖母ちゃんち行くと、

「これ、美鈴ちゃんに食べさせようって思って、祖母ちゃんコレとっちょったとよ。

コレも食べんね、あれも食べんね・・」と、お腹がはちきれるほど色々出してくれます。




自分では食べずに、コレはあの子が好きだから・・・

これは、あの子の好物だから・・・と、残してあります。

普段から、そうなのですね・・・。




お祖母ちゃんの人生の中で、とても辛い食べられない時代が長くありました。

だから、自分と同じ思いはさせないようにという思いがあるのでしょう。

そして、誰かが喜ぶ顔が幸せなのです。




綺麗な花を見たら、誰かに見せてあげたいって思って、

美味しいものを食べたらそれを食べる誰かの笑顔を思って、

自分が怪我をしたら誰かもこんな痛い目にあってるんじゃないか?って

心配して・・・




お祖母ちゃんは、たくさんの家族、孫たちと手を繋いでいてくれているのです。

いつも・・どんなときも・・・。

家族や身内だけではありません。

友達も、知り合いみんなと、心の手を繋いでいます。




みんな、だれかと手を繋いで生きています。

ほんの些細な変化にも対応して、思い遣って、気を利かすことが出来れば、

見えないところで泣いてる人の手も握ってあげることが出来るようになるでしょう。




堀江あの子たちがいたマンションでは、

これから住民の絆を強めようという呼び掛けがあるそうです。

住民が声を掛け合っているそうです。




ご近所付き合いも「ことなかれ主義」から、

「気を利かし合える、ジィちゃんバァちゃん的なお節介主義」な

お付き合いにシフトしていきたいですね。。

誰かと一緒に生きるって、面倒臭いことではなくって、有難いことなのです。




そして、家族間の問題には免除はありません。

必ず、向き合わなくてはならないこと・受け入れなくてはならないことなのです。

一人じゃ無理なら皆で、それでもダメなら、他人や行政の手を借りて

乗り越えなければならないのです。




生きてるうちに無理ならば、あの世でね♪

あの世で無理なら、来世でね♪

頑張りましょう。




繋いだ手を離さずに・・・。

 

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
生きる
コンテンツのトップ 次のページ
過去を語れますか


 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-8-8 17:25  更新日時: 2010-8-9 1:41
 【手を離さない】
美鈴さま、ありがとうございます。二年前に第五子を出産するまでは、合羽橋、渋谷での講演会に何度か足を運ばせていただきました。今は、子育てまっただ中でなかなか伺えていませんが・・。
 このニュースを知って、内容が明らかになるにつれて、同じ年頃の子どもを持つ母としても人としても胸が締め付けられる思いでいました。一歳のお子さんは我が家の末っ子と同じ頃産まれていることもあり、寝ぼけて泣いていると、あの二人の幼子はそんな時にだれにも抱いてもらえなかったのだな。真っ暗な部屋で怖かっただろうな。最後の食事は美味しく食べたかな。楽しかった思い出もいっぱいあったかな。想像は膨らみ、悲しさに一人涙しているこのごろでした。
 美鈴さんならどうかしら?と思い、久しぶりにHPを覗きましたら・・。美味しいものを思い切り食べられる所へ天使と一緒に(これも心配で心配で、亡くなっている父や祖父に二人のところへ行ってあげてね〜って念じていたのです。)と分かって、肩の荷が少し下りた気分です。本当にありがとうございます。
 我が家の子供たちとこのことについて話し合いをしました。私の誕生日、今年は美味しいものもケーキも頂かず、いつもあるご飯に感謝して、家族に感謝して過ごすことにする。と宣言しました。子どもたち納得してくれました。
 世の中のすべての子供たちが愛情に包まれて過ごせますように。私も心を入れ替えて、体があれば何だってできる。現状に感謝して前を向いて生きていこうと思いました。
 子育て落ち着いたら、ぜひ又参加させて頂きます。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-8-16 17:36  更新日時: 2010-8-20 23:27
 Re: 【手を離さない】
美鈴さま、度々のコメントお許しください。上でコメントした後、美鈴さまのメッセージたっぷりの本を拝見いたしました。この子どもたちも親を選んでこの世に産まれてきて、亡くなった今でも母を愛しているということを知りました。それでもなお私の心は悲しくて苦しくて涙があふれます。この子たちの為に何かできることがありましたら教えてください。
 
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-8-8 23:21  更新日時: 2010-8-9 1:43
 Re: 【手を離さない】
美鈴様へ
また今日も美鈴様のメッセージに涙が止まりません。数年前から子供との親子関係に悩みまだまだ悩みながら暮らしています。大坂での二人の子供の虐待ニュースに涙して美鈴さんが天使と一緒に暮らしやすい所に行った、との文章で安心し、また兄弟や親にも腹が立ちどうしてここに生まれたのかと幼稚な感情を抱いていた最中に美鈴さんからのこのメッセージ。心に響きます。本当にありがとうございます。今から考え直し子供、親、兄弟、と手を離さないように、うざいと言われても離さない、昨日より強い自分になれるように毎日、嫌なことがあったら自分に言い聞かせ美鈴さんからのメッセージを大切にします。まとまりのない文章で申し訳ありません。美鈴さん本当にいつもありがとうございます。お体大事にしてこれからもみんなが頑張れるメッセージを下さい。               青森の真奈より。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-8-11 13:10  更新日時: 2010-8-11 16:24
 Re: 【手を離さない】
美鈴様

先日、息子と彼女が話があるからと家に来ました。
「彼女が妊娠してしまった。二人で悩んだ結果産みたい」と。
初めは正直”やめてくれ”と思いました。
二人共学生ですし、彼女は未成年で親の仕送りで生活してる身。
この先どうするつもり…?

でも、きっとお腹に宿った魂は二人の元を選んで、やっていけると信じて来たのだろう。もちろん私とも縁があるはず。応援してやろうと思いました。

彼女のご両親は大反対でしたが、娘の頑なな決心に根負けしたようです。

先日、病院に一緒に行った時、超音波で赤ちゃんの写真を見ました。
たった2cm弱なのにしっかり手足があるんです。
その姿をみて、とても愛おしく感じました。

この若さ?でまさか孫が出来るとは思ってませんでしたが、産まれてくる子の為に出来る限りの事はしてやろう"決して手を離すまい"と思います。

いつも大切なメッセージを送ってくださり有難うございます。

Nanae
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-8-15 18:25  更新日時: 2010-8-20 23:27
 Re: 【手を離さない】
美鈴さんへ

虐待に関しては、どうしてもまだ霊的に受け止めれない自分がありますが、私の魂は答えを「知りたい」からよけいそう思うのかもしれません。

でも家族の問題は、小さなことの積み重ねの結果です。手をつなぐこと、ぐさっときます。皆さまのコメントからも沢山の気づきをいただきました。自分と子供だけの関係だけではなく、まだ見ぬ孫の関係にまで、全て影響する、普段忙しく生きている私達は、どうも忘れがちそんなことに気づかせてくれてありがとうございます。 絶えず思い続けることがどれだけ大切かということですね。

これからも決して手を離さず自分の家族を見守って行きたいと思いました。

そして、皆一つの家族のようによそ様の子のことも見守ってあげれるよう日本人へのメッセージを下さったこれらの尊い魂のために祈ります。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-9-24 0:26  更新日時: 2010-10-4 14:31
 Re: 【手を離さない】
初めまして、はじめて美鈴さんの本を手にとりました。
最近は母の手をとって歩いている事が多く、あの世を見方につけるという本のタイトルはドキッとする最近の私に必要な言葉ばかりです。ありがとうございます。いつも間違いに気がつけますようにと神社で祈るのでそれで、めぐり合った美鈴さんの言葉であろうと感じています。いつも見守りくださる全てに感謝をささげます。
返信




LINEでも金の魂語(きんのたまご)を毎日配信中!
 「 @misuzu 」で検索!


本物の「明るい霊能者」『スピリチュアル・メッセンジャー美鈴』からの魂が輝くメッセージを毎月お届けする有料会員制度

只今、東京と大阪にて講演会を開催しております。講演会に足をお運びいただけない方のために、そして、毎月のメッセージをお届けする場所として「Misuzu Special Member's」がございます。

・お金に愛される魂のみがき方が理解できるメッセージ。
・どんな苦難、苦悩も乗り越えることができるメッセージ。
・お悩み相談の適切なアドバイス。

本物の霊視鑑定だからこそ安心して聴くことができる、他では類を見ないメッセージが収録されています。

「Misuzu Special Member's」詳しくはこちらから
http://misuzu-message.com/modules/tinyd9/


 

期間限定!2016年新規ご入会キャンペーン実施中♪
Misuzu Special Member'sでは、ご登録後、最初の1ヶ月は安心お試し期間として、無料で会員CDをお届けしております。お気に召さなかった時は、翌月分から解除していただくことで料金は一切発生いたしません。

さらに
只今、新規ご入会の皆様に、美鈴特別講演会DVD『STOP虐待!!』(2時間50分 5,000円)をプレゼント!