美鈴/Misuzuからのメッセージ 【俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・1.】
美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
Message

【俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・1.】




「俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ。一緒に100まで生きような・・・」

これは、私の母方の祖母が、若くして戦死したお兄さんに掛けられた最後の言葉です。

祖母は今でも、「あの時」を思い出し涙を流します。

私の生まれ育った町には、悲しい歴史がたくさん刻まれています。




小学生の頃でした。

海へ、海水浴や釣りに行くと、いつも同じ場所で、若い兵隊さん(霊)が

泣いている姿を目にしました。私は、勇気を出して「何で、泣いてるの?」と、

話掛けた事があります。




その兵隊さんは、「ユウスケ」という名前だと教えてくれました。

ユウスケさんは、この土地に残された思いや、両親・兄弟への思いを語ってくれました。




そして、「自分は「回転」という武器に乗り込んで、この土地を、家族を守ったんだ・・・」

と、話してくれました。

「でも何で、ここにいるの?」と聞くと・・・

「自分と、同じように攻撃に向かった同胞の帰りを待っている・・。ここで会おうと

約束したんだ」と、話してくれました。




その他にも、師匠とカウンセリングをしていた時に、何人もの兵隊さん(霊)が

様々な容で現れました。

「神風特攻隊」にて亡くなった兵隊さん、

そして、「回天」にて亡くなった兵隊さん・・・

殆んどの方が「少年」でした。




様々な、思いを告げに来られるのですが、中でも多かったのが

「慰霊碑」を、建てて欲しいとの願い・・・

そして、自分達が亡くなった理由・事実が正しく伝わっていない現状への

不満でした。




師匠は、町長さんや助役さんに、

「歴史を調査し「慰霊碑」を建てるべきです」と、何度も何度もお願いしていました。

その思いは、残念ながら師匠が現世にいるうちには叶いませんでしたが、

その意思を、私や父、たくさんの応援者が引き継いでお願いし続けた結果、

やっと、小さいながらも立派な「慰霊碑」が、建てられました。




この町から、特攻隊として若い尊い命が、母国を家族を「愛する人達」を

守る為に散っていったことを、多くの方に知って頂けました。

「神風特攻隊」は、多く知られていますが、「回天」という名の特別特攻攻撃を

知っている人は少ないでしょう。




「回天」とは、天運挽回”傾いた形勢を元に戻す・・・から生まれた名。

日本独特の「九三式酸素魚雷」に手を加え、人が乗って操縦し、

敵艦に体当たりしようというものです。・・・・・・・「人間魚雷」。




帰郷中の私は、午前中、お墓参りをしその帰りに、菊とユリの花を持って、

海の見える慰霊碑を訪れました。

そしてそこで、今まで体験したことの無いほどの経験をしたのです。




・・・・続く。

 

 

 


前のページ
俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・2
コンテンツのトップ 次のページ
あんたが悪い症候群






LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!