美鈴/Misuzuからのメッセージ 【俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・2】
美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
Message

【俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・2】


 

私は、慰霊碑の前に立って、花を置きました。

祝詞を挙げて「回天」にて、この土地を・先祖を・私達を命懸けで守って下さった

特攻隊員の方々に、感謝し、皆様に恥じない生き方をしていきたいと思っております。

皆様の魂が、浄化・向上されますことを心よりお祈り申し上げます。」と、合掌しました。




その直後、海側から突風がふき、金縛り状態に・・・。

そして、たくさんの魂が私の周りに集まって、風に乗って空へ登っていきました。

その時、私は5人の特攻隊員の方の笑顔と、声を聞きました。




「どうせ駄目なら特攻などせずに、降伏するまで待てば良かったのに・・・」と、

いう言う人がいます。しかし、戦士とは最善を尽くして戦うべきものです。

我々は、最善を尽くして敵と戦うための軍人でした。しかも、「回天」という武器が

ある以上、それを駆使して戦うのが務めです。それ以上は考えてはいません。

戦争の終結は政治の問題でした。」




「我々は、戦争指揮者から、悲惨な命令を押し付けられて、

嫌々死んでいったのではありません。(俺たちの事を悲しんでくれよ!)

なんて思っていない。目の前に危殆に瀕した家族や両親の生があるのです。

私達に選択の余裕など無かった。敵の無差別爆撃が日本各地に行われ、

自分達の同胞が無抵抗で大量に惨殺されていって、次は、自分の親だと

言われれば、全力で敵に立ち向かおうとはしませんか?」




「平和な今の時代でも、危険にある人を見た瞬間、助けたいととっさに人は

思います。他より侵するものがあれば、守るのは「自然の命ずる行為」でしょう。」




など、たくさんのメッセージと当時の映像を見せて頂きました。

そして、何とも温かく逞しいエネルギーを与えられ、涙が溢れてきました。

同時に見せられた映像の中には、それぞれの家族との別れの映像、

彼らが一番愛したもの、思い出、願い・・・が、ありました。




○昭和20年2月・・・硫黄島に米軍上陸。

○昭和20年3月・・・B29、325機による東京大空襲。

○昭和20年4月1日・・・沖縄に米軍上陸。そして・・・、●昭和20年11月1日

●米軍統合参謀本部は、日本本土への侵攻として、西から島伝いを決定し、

九州南部に上陸するという「オリンピック作戦」を、米国大統領が承諾していました。




彼らは、衝動的感情ではなく、命令に従い嫌々ではなく、これによって家族や故郷が

救えるのだという、考えた末の納得と、自分の命を最も効果的に活用するための

長い訓練の後の決行だったのです。




この大戦で7000人以上に及ぶ若い人達が、特攻隊員となって散花しました。

しかし、今では「特攻」に参加した彼らに共感どころか理解も出来ない日本人が

多くなっています。




「特攻」は、「自殺」ではありません。

そして、事実を歪曲し、正しく伝えないマスコミがあります。

戦後のマスコミや文化人の、彼らに対する評価は、あまりにも低いところに

ありすぎました。




祖母は言います。

「私は、兄さんに命を分けて貰った。兄さんの死は、決して意味の無いものでは

無かった。それを証拠に、この土地の人間は、四季豊かな国を愛し、山河を愛して、

ここまで平和に生きてこれた。」と・・・。




・・・・私達は、彼らに恥ずかしくない生き方をしているのでしょうか・・・。




5月12日(2007年)に、「俺は、君のためにこそ死にに行く」という、映画が

放映されます。私の知っている土地が舞台となって撮影された映画です。

さて、そこには、ちゃんと真実があるのか?




・・・・期待しています。

 

 

 


前のページ
夜の墓場で、ズバリ言ったわよ!
コンテンツのトップ 次のページ
俺の残りの命を、お前にやるよ。大事に使うんだぞ・・・1.






LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!