美鈴サンタ2017'広島
美鈴公式サイト
募金係 メニュー
メニュー
お問合せ

美鈴サンタ2017'広島

美鈴サンタ広島スタッフレポート 2017年12月24日(日)
訪問先
1)津田子どもの家 11:00〜
2)新生学園 15:00〜



【広島・津田子どもの家】

施設名:津田子どもの家
    (広島県廿日市市津田596番地1)
ご担当者:主任 原田貴章様
訪問日:2017年12月24日(日)11:00〜12:00
訪問者:和田正義・和田和美


津田子どもの家 (1) 全国の皆様の思いを届けるお手伝いをさせていただいてから、今年で5年目になりました。そして、美鈴サンタを通じて出会うことができた、各施設の方や子どもたちと毎年お話できることを楽しみにしています。

この日はクリスマスイブ。ここにいる子どもたち一人一人に希望を幾つか聞き、その中で叶えられる物を用意されるそうです。そして、夜、子どもたちの枕元にプレゼントを置かれるそうです。

津田子どもの家 (2) 「あかるく ただしく」の旗は子どもたちの手作りだそうです。この施設の園訓でもあります。この言葉のように、施設内は明るく落ち着いた雰囲気が広がっていました。

職員の方がお昼の準備をされていました。栄養バランスやカロリーを計算されたとても美味しそうな食事でした。温かく美味しい食事を食べることで子どもたちの心も癒され、生きる力に繋がるのではないかと思いました。

津田子どもの家 (3) 子どもたちが生活する場所にも電話があるそうですが、少し離れた場所に電話が置かれていました。電話の横には「相談ボックス」と書かれた箱があり、人に話せないような悩みがあれば、メモ用紙に書いて入れるようになっているそうです。この相談は施設長が見るそうです。

また、横の壁には、子ども家庭センターなどの電話番号が貼られていました。近くの人には言えない悩みを抱えたときに、外部に相談できるようにされています。子どもたちが心の中に、悩みを溜めないこと、誰かに相談できることの大切さを改めて感じました。

津田子どもの家 (4) みんなが安心して過ごすために「みんなで守るルール」が提示されていました。そして、「MIC TIME」と書かれた表示もありました。意味を教えていただきました。MはMyで私、IはImportantでもっとも重要、CはConsiderationで思いやりという意味だそうです。これから大人になっていく子どもたちに、大切なことを伝えておられることが分かりました。

津田子どもの家 (5) 毎年、訪問させていただいたときに、「覚えていますよ。」と声を掛けてくれる男の子がいます。写真と撮るのも今年で4回目・・これまでの写真を振り返ると、背がぐんぐん伸びて大きくなっているなと感じます。このような繋がりを持てていることが、とてもうれしいです。「来年会うときには、また大きくなっています!!」と話してくれました。来年も会えるのを楽しみにしています。

 愛おしく愛らしい子どもたちが、夢と希望を持ち、笑顔あふれる日々を送ることができるよう、思いを寄せていきたいと強く感じました。  津田子どもの家の皆様、全国の支援者の皆様、美鈴さん、親方さん、毎年このような機会をくださりありがとうございました。






【広島・新生学園】

施設名:新生学園
   (広島県東広島市西条町田口391−2)
ご担当者:施設長 上栗園長
訪問日:2017年12月24日(日)15:00〜16:00
訪問者:和田正義・和田和美




新生学園 (1) 今年で5回目の訪問でした。全国の皆様の温かいメッセージを届けさせていただきました。皆様の思いを伝えるという役をいただいていることに、毎年大変感謝しております。


新生学園 (2) 昨年、園長先生からお話があった、小規模グループホームへの移行が進み、園のほとんどが建設中でしたが、出来上がったホームの部屋の中を見させていただくことができました。


新生学園 (3) みんなが集うリビングの上は吹き抜けになっており、シーリングファンと呼ばれるものがついていました。対面キッチンや広いベランダなど、子どもたちが心地良く過ごせるように工夫されていました。
一つのホームには二人部屋が4つあり、8人の子どもたちで生活をするそうです。

食事はそれぞれのホームで作らず厨房でまとめて作るそうです。そうすることで、それぞれの棟で同じものを食べ、子どもたちが比べることなく安心することができるそうです。


新生学園 (4) 建て替えに伴い、「児童心理治療施設」を新たに造られるそうです。今後、自立に向けて医師や心理療法士が子どもたちの心のケアーもしっかりと行っていくとお聞きしました。

そして、子どもたちと生活を共にする職員の方は交代制ではなく、朝起きた時と学校から帰ってきてから寝るまで、同じ人が子どもたちの傍にいるそうです。子どもたちが安心できるよう、家庭により近い環境を目指されていることが分かりました。


新生学園 (5)  新生学園の子どもたちは、今日も仲間と共に汗を流していました。
工事の完成は3月だそうです。子どもたちの新しい生活が始まります。子どもたちの生活の様子を来年、聞かせていただくことを楽しみにしております。

 毎年、美鈴サンタという機会をいただくことで、私たち自信が多くの学びをいただいています。新生学園の皆様、全国の支援者の皆様、美鈴さん、親方さん、ありがとうございました。



和田 記









津田子供の家 (1) 津田子供の家さんから、美鈴サンタ2017'の感謝状が届きました。(2018.01.31)
ありがとうございます。

津田子供の家 (2)

津田子供の家 (3)




広島新生学園 広島新生学園さんから、美鈴サンタ2017'の感謝状が届きました。(2018.04.19)
ありがとうございます。









プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
美鈴サンタ2017'大阪
コンテンツのトップ 次のページ
美鈴サンタ2017'福岡






LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!