【美鈴サンタ2015'名古屋】
美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
Message

【美鈴サンタ2015'名古屋】
美鈴サンタ名古屋スタッフレポート
訪問先
1)慈友学園 2015年12月23日(水)9:00訪問
2)衆善会乳児院 2015年12月23日(水)11:00訪問
訪問者 : 河辺祐治、河辺登記子

♪ 全国の皆様から寄せられた善意の気持ちを精一杯届けさせていただきました ♪



【名古屋・
慈友学園】
訪問施設: 公益財団法人 慈友会 児童福祉施設 慈友学園
所在地: 愛知県名古屋市東区筒井1-8-27
訪問時間: 9:00

  


慈友学園 (1)  最初に訪問させていただいたのは、東区にあります慈友学園という児童養護施設です。

東海学園という男子校の流れをくんでいる為、入所児童が男児のみという珍しい施設となっております。今年で6回目のお付き合いで、去年に引き続き岡田幸仁施設長に温かく出迎えていただきました。


慈友学園 (2)入口で何人かの小学生とすれ違い「冬休みになったので賑やかですね。」と話すと、「これからフットサルの応援に行く所ですよ」と教えてくださいました。

毎年12月23日の祝日に、名古屋市児童養護施設フットサル大会が開催されているのです。去年は、小学生の部で準優勝でしたが今年は予選会が学芸会と重なってしまったそうです。3200屬旅い敷地内のグラウンドでは、バスケットゴールもありサッカーなど大人がひっぱって子供に楽しさを教えているそうです。


慈友学園 (3)慈友学園では、現在幼児4人、小学生18人、中学生6人、高校生4人定員30名のところ合計32人が入所しています。少子化に反比例して、名古屋市においてはどこも満員。緊急を要する一時保護を除いては、自宅待機がでるほどだそうです。

岡田施設長は、美鈴サンタにご協力いただいた方のメッセージを丁寧に目を通され、毎年続いていることに感謝とともに賛同者の多さに感心していました。

勉強部屋の学習椅子とストーブが昨年の贈り物です。


慈友学園 (4)ストーブは大きな団らん室に置かれています。

「さすが大きなストーブなだけありすぐに暖まるんですよ」と喜んでいました。見慣れない私たちの訪問に照れながらも無邪気にストーブを囲んで先生と戯れる姿がほほえましかったです。


慈友学園 (5) 今年の美鈴サンタからの贈り物は、スキーウエア30着です。毎年3月に児童養護施設を退所する子どもと最後に卒園児お別れ旅行として、長野県白樺湖の池の平スキー場まで行っているそうです。

今年は退所児童がいないのですが、毎年子供たちが楽しみにしている行事なので行くそうです。スキーウエアは毎年ほかの施設から借りていたそうですが、今年は借りれなくなり困っていらっしゃいました。今年も子供たちのはじける笑顔がみられるといいですね。

昨年の訪問時に進んでいた施設の建て替えの話がかなり具体的に進んでいました。来年、夏前の市議会で承認されれば30年春の建て替えが決定するそうです。ニット化を進め小規模単位での、現代の国基準により近い子供のケアができるようになるそうです。

「福祉は人なり。人間力が試される現場なんです。」とおっしゃった施設長の言葉が印象的でした。子供は時に鋭い質問を投げかけてくる。その時に、その子の置かれた環境、その背景、また周りの子供たちの影響それらを瞬時に判断して答えを出す。常に真剣に向き合う職員。いつでも集団の難しさは課題だそうです。






【名古屋・衆善会乳児院
訪問施設: 社会福祉法人 衆善会 衆善会乳児院
所在地: 愛知県名古屋市中区新栄3-33-11
訪問時間: 11:00


衆善会乳児院 (1)慈友学園さんの次に訪問したのは、名古屋の中心部にある衆善会乳児院さんです。

こちらは、保育園と夜間保育園を併設しています。0歳から2歳までの33名の乳幼児がいます。


衆善会乳児院 (2)前年と違うのは今まで応対してくださった小宮山施設長から、女性の鬼頭施設長にバトンタッチされていました。

残念ながら、鬼頭施設長は留守でしたので院長代理、家庭支援専門員の後藤登志枝さんに応対していただきました。

鬼頭施設長は、3月まで保育士をされていたので現場の声をより子供たちに反映できる方だそうです。

衆善会乳児院、今回で5回目の訪問となります。前の小宮山施設長より、しっかりと引き継ぎがされており、美鈴サンタの趣旨を理解され今年も歓迎してくださったのがとても心強く励みにもなりました。

募金をいただいたかたからの温かいメッセージをひとつひとつ読んでくださいました。「こうして子供たちのことを忘れないで、いつも見守ってくれているようなメッセージが大変ありがたいです。」と感謝の言葉をいただきました。


衆善会乳児院 (3)今年の贈り物ですが、医療器具を滅菌する医療機器です。写真の緑色の機器が現在使用中のものです。ここから、看護師の山田さんが参加していかにこの医療機器が素晴らしいのかを熱弁してくださいました。

乳児院には、週2日嘱託の小児科医が診察に来ています。診察は、ドクターがお部屋を巡回、予防接種は医務室で行います。その際の医療器具の滅菌をするのですが、現在使用しているのは途中でふたを開けなければならず、衛生面が若干不安だったそうです。

実物を見ると、かなりの年代物。交換部品も手に入らないらしいです。最新型は全自動。「最後までふたを開けなくていいんです。今までより清潔になります。ありがたいです。」と目をキラキラさせてお話されたのが印象的でした。


衆善会乳児院 (9)今年は暖冬のお陰でインフルエンザなどの子供たちの病気が少なくとても助かっているそうです。


衆善会乳児院 (4)右の写真は、昨年の美鈴サンタで贈ったバランス感覚を養う遊具です。

組み立てレール状にした橋を渡る遊びをしたり、波形になった円形の台の上でバランス遊びができます。

案内していただいた遊戯室では、ちょうどお座りやたっちの月齢の子がハンドベルで遊んでいて、カランカランと綺麗な音色を聴かせてくれました。

子供の目にとまりやすいカラフルなハンドベルも昨年の贈り物です。こうして、大切に使われているのを間近で見れるのは嬉しいですね。


衆善会乳児院 (5)あとひとつ嬉しかったのは、現在こちらの乳児院は33名の人数で例年より少ない人数で比較的ゆったりしているとうかがったことです。

愛知県でいえば収容人数いっぱいだそうですが、緊急保護で1晩だけのお預かり等で忙しいこともあるけれど名古屋市内3か所、今年は比較的少ないそうです。

最初に訪問した児童養護施設では、入所待ちの児童がいるほど増えていると聞いたので、少し嬉しかったです。

予防接種は2カ月から計画を組み、離乳食は月齢通りに進めるのではなく、6カ月から栄養士さんにお口の発達を相談して、写真のように細かな手順で進んで行くそうです。比較的ゆったりでも職員1人あたりに3人の乳幼児はかなり負担は大きいなと感じました。


・・・
衆善会乳児院 (6) 衆善会乳児院 (7) 衆善会乳児院 (8) 衆善会乳児院 (10)
・・・




<美鈴サンタの感想 河辺 登記子>
今年も、悲しいニュースやナゼ?と理解に苦しむ事件がありました。
そのひとつに、乳児にタバコを当てて動画サイトに流したり
覚せい剤を口に含ませて死亡させてしまった事件がありました。

訪問先でも話題になりましたが、親という感覚の欠如している親が
年々みられるとおっしゃっていました。それは、背景に貧困、薬物、
夫婦間の不仲、いろいろあるかもしれないが、やっぱり子供より
自分を優先してしまう親が増えているという事実があるそうです。
子供は親の所有物だと勘違いしないようにしなくてはならないですね。

乳児院でうかがった話では、今夏起きた大阪 寝屋川の
中学生殺人事件以降、通報が増えたとのことです。
近隣住人などのたくさんの目が子供に関心を持つことは
悲しい事件を減らす一歩となればいいなと思いました。

今年も美鈴サンタの企画に携われたことに感謝しています。


<美鈴サンタの感想 河辺 祐治>
今年で6回目の美鈴サンタになります。
この美鈴サンタの企画が一過性のものではなく、継続的にあることが
とてもうれしく思います。
寄付していただいた方々の思いは確実に子供たちやスタッフの方々に
届いております。
今回は、それがとても実感できた訪問でした。
また、今年の写真を見て、奥さんが痩せたことに
気づいていただけたら幸いですm(_ _)m






慈友学園 (1) 慈友学園さんから、美鈴サンタ2015'の感謝状が届きました。(2016.02.23)
ありがとうございます。

慈友学園 (2) 慈友学園 (3) 慈友学園 (4) 慈友学園 (5) 慈友学園(6) 慈友学園 (7) 慈友学園 (8) 慈友学園 (9) 慈友学園 (10) 慈友学園 (11) 慈友学園 (12) 慈友学園 (13) 慈友学園 (14)









プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
美鈴サンタ2015'東京
コンテンツのトップ 次のページ
美鈴サンタ2015'高山






LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!