美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
金の魂語(きんのたまご) - misuzuさんのエントリ
 misuzuさんのエントリ配信

2019/05/06
本日の【金の魂語】(きんのたまご)20190507

執筆者: misuzu (8:18 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
  
とくに高齢者さんから、
  
「入院するから」
  
「足腰が痛いから」
  
「子どもと同居するから」
  
「餌代がかかるから」
  
「大きくなって手におえないから」
  
「これから暑くなるから…(?)」
  
などなど…の理由から、
  
「犬や猫をお宅で保護してくれないか」
  
という問い合わせを多く頂き、
  
この連休は特に、その対応におわれました。
  
  
  
保健所とも連携して活動をしていますが…
  
  
  
まずは、私たち人間が
  
もう一度しっかりと、
  
人間以外の「命」について『真剣に』
  
考え、学ばなくてはなりません。
  
  
  
“年老いた親が一人で寂しいから”
  
などの理由から、仔犬や仔猫を買い与えるというケースも
  
まだまだ少なくなりません。
  
  
  
うちでも餌代だけで月々35万円以上、
  
そこへ医療費もあわせれば月に100万円を
  
大きく超えることもあります。
  
  
  
ペットの命を維持するために必要なお金や、
  
しっかりと愛を注げるだけの時間、
  
留守中や緊急時に面倒を見てくれる人…など、
  
命を守るための必要最低限の「約束」が出来るかを、
  
しっかりと分析しなければなりません。
  
  
  
周囲に困っている飼い主さんがいらっしゃれば、
  
そっと寄り添ってあげましょう。
  
  
  
“よそ”のペットの命を守れずに、
  
“よそ”の子どもたちの命も守れません。
  
小さな命に無償の愛で寄り添えない国に未来はありません。
  
新しい時代を迎えた今だからこそ…
  
深く考えなければならないのではないでしょうか…。
  
そうでなければ、いつまでも“よそ”自分には関係ないからと、
  
切りすてる文化は無くなりません。
  
  
  
misuzuさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (288)
このエントリのトラックバックURL
http://misuzu-message.com/modules/weblog/weblog-tb.php/2396
印刷用ページ 友達に送る




LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!