美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
金の魂語(きんのたまご) - misuzuさんのエントリ
 misuzuさんのエントリ配信

2019/09/19
本日の【金の魂語】(きんのたまご)20190920

執筆者: misuzu (7:40 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
  
ここ鹿児島で私が毎日購読している
  
南日本新聞の「南風録」というコラムを、
  
今日は皆さんにご紹介したいと思います。
  
  
  
▼ ▼ ▼
「南風録」
  
車のエンジンを切ると、虫の声が辺りを満たした。
  
日没間もない霧島山麓。日中は厳しい暑さが続くが、
  
不意に出くわした虫時雨に季節の移ろいを知らされた。
  
「一葉知秋」という言葉がある。一枚の葉が落ちるのを見て
  
秋の訪れを知る。五感を澄ませば、自然は豊かな言葉で語りかけてくる。
  
日に日に深まる秋を見つけるのが楽しみな時季である。
  
ただ先月末、出水市で亡くなった大塚璃愛來ちゃんのニュースに触れるたびに、
  
そんな気分は吹き飛んでしまう。夜遅く1人で放置されたり、母親の交際相手の男から
  
暴力を振るわれたりしていたと報じられている。
  
まだ4歳だった。この先、新しい季節を見つけて心潤す日々もたっぷりあったはずだ。
  
なぜこんなことになってしまったのか。
  
事情を知るはずの大人たちの混乱ぶりがもどかしい。
  
対応の経過について、県中央児童相談所と市役所、県警の説明に食い違いが目立つ。
  
各機関とも、璃愛來ちゃんのただならぬ状況を知るチャンスはあったはずだ。
  
だが、足並みはそろわなかった。全国で相次ぐ虐待事件のたびに露呈する
  
「関係機関の連携不足」という痛恨の構図が今回も浮かび上がっている。
  
一葉知秋は小さな前兆を敏感に捉えれば、やがて起こる大事を察知できるという
  
教訓的な意味合いでも使われる。救えなかった小さな命。
  
やるせない思いにさせる事件を繰り返すまい。
  
▲ ▲ ▲
  
  
  
一葉知秋…
  
虐待事件も…例外ではなく、私たち皆の課題なのです。
  
霊性向上し、1人でも2人でも…小さな命を救ってあげられる
  
大人でありましょう。
  
  
  
misuzuさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (80)
このエントリのトラックバックURL
http://misuzu-message.com/modules/weblog/weblog-tb.php/2536
印刷用ページ 友達に送る




LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!