美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2017 8月  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
金の魂語(きんのたまご) - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2017/08/11

執筆者: misuzu (8:50 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
氣の合わない人や、氣に障る人…
  
お盆の帰省でも、
  
たくさんの「氣」を“犠牲に”される方も多いかもしれませんね;
  
  
  
どんなに苦手な人とでも…
  
心のなかで
  
「私は幸せ。本当に幸せ。目の前の人は、私に気付きと感動をくれる人…
  
  ありがたい!ありがたい!」
  
などと、となえることで…
  
自然と心が落ち着いて、表情にも幸せが溢れます。
  
  
  
すると、相手にもすてきな波動が伝わって
  
悪い氣がしないので、構えず、牙を剥かずに応じてくれるはずです。
  
  
  
全ては、自分の映し出し。
  
  
  
ご先祖様にも身内にも、自分にも自然にも優しい
  
幸せ溢れるお盆休みをお過ごしくださいね。
  
  
  
2017/08/09

執筆者: misuzu (10:35 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
愛する人の死
  
大切なペットの死
  
これ以上の悲しみは無いと、
  
不幸の底なし沼にはまり脱け出せなくなってしまう人も
  
少なくはありませんよね。
  
  
  
けれども…
  
霊的真理を理解し、
  
実践しながら生きることができていたなら、
  
悲しみの中でも底なし沼にはまることはありません。
  
  
  
なぜなら…
  
信じているから…
  
愛する存在に、寄り添えていたから…
  
  
  
そして…
  
人もペットも、決して死んで無になることはなく、
  
“しばしの別れ”の儀式のあとは、
  
早かれ遅かれ、
  
また再会することができることを理解できているからです。
  
  
  
逝く人やペットは、この世での苦行を終えて
  
郷へ帰って、“しばし”ゆっくりのんびり労を癒されます。
  
遺された人は、愛するものの死をしっかりと受け入れ…
  
依存などせず前を向き、あの世の存在に心配や迷惑を掛けないように、
  
自ら日々の生活の中で率先して“浄化”“禊”しながら霊性向上に努めます。
  
  
  
会えない間も、
  
想念では確実に繋がりあっていますし、
  
絶対に忘れることはありません。
  
  
  
堂々と胸を張って笑顔で再会できるように、
  
あの世とこの世で、お互いに魂を磨きあっておきたいですね。
  
  
  
72回目でした…長崎の原爆の日。
  
私たちは、戦争の犠牲となって亡くなられた方々にも
  
恥ずかしくない生き方を心掛ける必要があります。
  
戦争に命を奪われてしまったのは、人間だけではありません。
  
たくさんの動物たちも命を奪われました。
  
だから、私たちには動物たちがより良く生きられる環境を守る・作る
  
義務もあるのです。
  
ただただ、可愛い可愛いと接しているだけでは足りないのです。
  
  
  
2017/08/08

執筆者: misuzu (6:55 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
ママ友や親同士の見える争いも
  
見えない争いも、
  
子育ての中での様々な葛藤も…
  
  
  
誰でも、子育てに纏わる悩みは尽きませんよね。
  
  
  
「答え」なんて直ぐには出ないし分からない中、
  
悩み苦しみながら、手探りで少しずつ…
  
子どもに寄り添い進んで行くしかないのが「子育て」です。
  
「子育て」しながらも、子どもからは「親育て」していただいてるし;
  
三歩進んで二歩下がりながらも
  
親としての「自信」もついてくるはずですね。
  
  
  
子育てにおいての様々な苦難苦悩を乗り越えるために
  
決して忘れてはならないこと…
  
それは…
  
“常に冷静に『理性』もって対応すること”です。
  
  
  
如何なる場合でも『理性』だけは奪われても失ってもいけません。
  
  
  
2017/08/08

執筆者: misuzu (3:15 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
これまでに自分が「好きになった人」を、
  
思い返してみましょう。
  
  
  
なぜ 好きになったのか…
  
なぜ 好きだったのか…
  
なぜ 好きなのか…
  
  
  
それらを冷静に分析することで、
  
相手の中にあなた自身が映し出されていたことに気が付いて、
  
自分のことを今より良く理解できるかもしれません。
  
  
  
人を好きになることは素晴らしいことです。
  
しかし、その後…
  
その人の表の部分だけではなく、裏の部分…“裏の映し出し”、
  
長所も短所も全てを受け入れた上で寄り添い、
  
“愛すること”ができると…
  
また、素敵ですよね。
  
  
  
2017/08/06

執筆者: misuzu (4:18 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
8月6日…
  
鹿児島は、台風の影響を受けていますが、
  
今日は、広島に原子爆弾が投下された日です。
  
いつもと殆ど変わらない朝を迎え、
  
いつもと殆ど変わらない1日を過ごすはずだった多くの市民が、
  
ひとつの爆弾で、全てのものを惨たらしく
  
剥ぎ取られ…引き千切られ…抉り取られて…
  
何もかもを奪い取られた「決して…決して…忘れてはならない日」です。
  
  
  
とくに…とくに…今年の“広島原爆投下の日”には、
  
「大切な意味」を込めなければなりません。
  
込められているはずです。
  
  
  
しかし…今年、ここに込められたのは…
  
政府への怒りと落胆なのではないでしょうか。
  
  
  
『核兵器禁止条例に署名しない』
  
7月に国連で採択された日本政府の方針です。
  
  
  
私たち国民には、次から次にこのように強制的に、
  
「誰かがどうにかしてくれるだろう…
  
  誰かが変えてくれるだろう…などの甘えを捨てて、
  
  自らの意思で少しづつでも努力しなさい…」と、
  
『自立・自律しなさい』のメッセージが届けられます。
  
  
  
今日、NHKで放送された
  
原爆被害者のあの日の証言をまとめた番組を見ながら、
  
去年も広島の原爆地を訪れたのですが…
  
現地で生で視た様々な強烈な映像と、
  
“あの日”を語られる人の想念に共感しながら、
  
自然と、嗚咽をこらえて泣きました…。
  
  
  
誰もが思うはずです。
  
もう二度と戦争の土俵に上がってはいけない!
  
もう二度とどの国であっても核兵器は使用してはならない!
  
  
  
…シンプルなことなのです。
  
  
  
2017/08/05

執筆者: misuzu (6:27 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
今、
  
ここにあること…
  
ここにあるもの…を、
  
当たり前と思わずに、
  
感謝することを忘れないように心掛けましょう。
  
  
  
このお家、この人、この仕事…この環境が、
  
いかに幸せか…その場にあるときには
  
なかなか気が付かないものです。
  
  
  
多くの人は、失わなければ気が付けません。
  
常日頃から感謝を込めて生きていたなら…
  
失ったとしても…
  
その必然性を冷静に良く受け入れることができるのです。
  
  
  
2017/08/04

執筆者: misuzu (7:17 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
目標を持って…
  
コツコツと努力を続けていれば、
  
グループソウルの叡智…
  
私たちが求める知識や知恵・特技を持った
  
同じ波長の“霊魂”とプラグが繋がり、
  
良い指導を受けることができるのです。
  
  
  
それが「指導霊」。
  
  
  
「指導霊」は一人とは限りません。
  
多くの「指導霊」に守護していただくためには、
  
チャレンジする気持ちを忘れず
  
魂込めて努力し続けることが大切なのです。
  
  
  
苦手なことを克服したり、
  
目標を達成させることは、決して簡単なことではありません。
  
しかし…どのような時でも、
  
私たちを愛し、励まし、見守る…ありがたい存在があることを、
  
感謝と共に忘れてはならないのです。
  
  
  
2017/08/04

執筆者: misuzu (1:49 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
「目は嘘をつけません」
  
…とは言いますが…;
  
近ごろの詐欺師や嘘の上手な子どもたちは、
  
“頑張って”目で嘘をつこうとします。
  
  
  
それでも…オーラや想念は絶対に嘘はつけません。
  
なので…誰でも冷静に分析すると真実を理解できるのです。
  
…とすると「目は嘘をつけない」のかもしれませんね。
  
  
  
“真実の”コミュニケーションをとるためには、
  
相手の目を見て、
  
想いをしっかりと伝えることが大切です。
  
  
  
普段から、どんなに親しい人とでも…
  
相手の目を見て話すことを心掛けましょう。
  
  
  
2017/08/02

執筆者: misuzu (8:09 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
周囲から
  
「理解されない」と愚痴を言い
  
落ち込む前に…
  
  
  
自分は周囲の人を
  
「理解出来ているか」を良く考えてみましょう。
  
  
  
周囲の人を理解しようととせずして、
  
周囲の人に理解して貰おうと思う気持ちには、
  
マイナスのカルマが生じますし、
  
そのままでは、きっといつまでたっても
  
誰からも理解して貰えず…
  
さみしい思いをするかもしれません。
  
  
  
…だからと言って、
  
霊性の違う相手に言葉で諭すことは、
  
とて難儀なことです。
  
そのようなときには、
  
自分がお手本となれるように努めて、
  
気付いてくれることを願いつつ…
  
“待つ”ことも大切なことです。
  
  
2017/08/02

執筆者: misuzu (12:21 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
お盆前のこの時期は、
  
とくに多いご相談やご報告…
  
  
  
それは…
  
  
  
先日も、お父さんと息子さんが
  
お亡くなりになられた残念な事故のニュースが伝えられました。
  
  
  
「夜釣り」
  
  
  
どれだけ安全を意識していたとしても…
  
“不意をつかれる”ということは起きてしまうのです。
  
  
  
昨日も、とある海の防波堤に夜釣りに出掛けた男性が、
  
ライフジャケットも着用し、
  
念には念を入れていたらしいのですが…
  
彼は、翌朝「助けてください…」と
  
怯えたような震える低い声でお電話してこられました。
  
  
  
彼はひとりで、夜7時頃から夜釣りを楽しんでいたのですが、
  
深夜1時半を過ぎた頃…
  
海に背を向けて仕掛けを変えようと屈んでいると、
  
着用していたライフジャケットの両横腹付近を、突然…
  
海の方へ2回、強い力でグイッ!グイッ!と引っ張られたのです。
  
  
  
彼は、とっさに仕掛けも何もかもを放り投げて、
  
隣にあった大きなクーラーボックスにしがみついて腹這いになって
  
事無きを得たらしいのですが…
  
冷静になってライフジャケットの横や後ろを手で触ってみると、
  
びっしょり濡れていて…
  
彼は、急いで片付けて走って車に駆け込んで帰宅したそうです。
  
その後、急に体調が悪くなり、体が重たくて仕方がなくなって
  
SOSしてこられたとのことでした。
  
  
  
実際、霊視してみると…
  
皆さまのご想像通り、「お持ち帰り」をしておられたようで…;
  
応急手当てはさせていただきましたが、
  
これからゆっくりと“私なりの霊的治療”を
  
させていただくことになりました。
  
  
  
多くは申しませんが…
  
この時期は“とくに”夜釣りなどはお勧め致しません。
  
どうしても…あ、どうしても…行かれる場合は、
  
一般の備えに、心と物質の『霊的な備え』も十分にあわせてください。
  
あとは、やっぱり…自己責任!ですね。。
  
  
  

« 1 2 (3)





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!