美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2019 8月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
金の魂語(きんのたまご) - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2019/08/31

執筆者: misuzu (11:46 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
  
今年の夏は…
  
熱中症でぐったりしているところを保護された
  
犬や猫を多く引き受け看病しました。
  
そのうち数頭は、腹膜炎などを併発してしまっていて、
  
壮絶な闘病の末に…虹の橋を渡っていきました。
  
  
  
以前は、飼い猫、飼い犬だった彼らです。
  
  
  
それが、人間の身勝手で…
  
ある日突然見知らぬ土地に捨てられ、
  
水もない食べ物もない安心して眠れるところもない
  
日中は、猛烈な暑さや豪雨などに襲われる…
  
  
  
罪もない命が、そのような地獄で
  
苦しめられた挙句…
  
  
  
また、苦しみながら病と闘う姿に…
  
人として「ごめんなさい」の念を必死に送りながら
  
看病しました。
  
  
  
みんな…
  
「死にたくないの…」と訴えていました。
  
  
  
今も、闘病中の子たちがいます。
  
  
  
私たち人間は、自分たちが撒いたカルマの収穫を、
  
罪のない動物たちにも無理矢理収穫させてしまっていることを、
  
誰もが知って、反省し、改善しなければなりません。
  
  
  
2019/08/31

執筆者: misuzu (11:22 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
  
もうすぐ夏休みが終わります。
  
  
  
毎年ですが…
  
この時期、小・中・高生の「死にたい」の
  
ご相談が増加します。
  
  
  
みんな「不安」なのです。
  
  
  
「また、皆に虐められる日々が続くのか…」と
  
思うことで、未来を想像できず
  
絶望を感じてしまうのです。
  
  
  
そのようなとき、周囲の大人が
  
日々の“小さな異変”をキャッチして
  
声を掛け、目の前が真っ暗で“先”を見ることのできない
  
子どもにかわって、様々な道を示してあげることが大切なのです。
  
  
  
故郷を離れても、故郷を捨てることにはなりません。
  
命があれば、必ず道は拓けます!
  
生きていれば、いつか必ず“今の苦しみ”を
  
「あの経験があったからこそ、今の幸せがあるんだ」と
  
感謝さえ出来るようになるのです。
  
  
  
今は、どんなに苦しくても…
  
この苦しみは一生は続きません。
  
  
  
一日、一日、一分、一秒…
  
こんなに辛いのに、こんなに苦しいのに、
  
生きられた自分を褒めてあげましょう。
  
そうしていたら、闇の出口が見えてきます!
  
大丈夫! 命さえあれば、必ず、笑える日がくるんです!
  
信じられないかもしれませんが、
  
本当なんです!
  
  
  
経験者で霊能者の私が言うんですから(笑)!!
  
  
  





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!