美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
金の魂語(きんのたまご) - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2014/07/21

執筆者: misuzu (3:05 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

「愛が欲しい」
「構って欲しい」
「気付いて欲しい」
「幸せにして欲しい」
「楽させて欲しい」
「サービスして欲しい」……

〜欲しい、欲しい……と、
求めてばかりいませんか…。

自分のためだけに生きるのではなく、

「愛する」「与える」「寄り添う」
「誰かのために努力する」
「誰かを幸せにする」…と、
まずは、“誰かのために”生きながら、
幸せのカルマ貯金に励みましょう。

「カルマの法則」は絶対です。

もしも、今の生活や今の自分…
自分の「今」に満足出来ていないとするなら、
きっと、プラスのカルマの残高が不足しているということでも
あるかもしれません。

自分が幸せになるためには、
まずは誰かを幸せにして差し上げる必要があります。

誰かに心を開いて欲しい、または愛して欲しいと
願うなら、まずは自分が誰かに心を開いて、
誰かを愛することが必要不可欠です。

何よりも先に「努力」することで、
カルマの法則によって、
必ず自分が努力した分だけの結果となって返ってきます。

求めてばかりいると、
今度は、「波長の法則」によって、
同じく求めてばかりの人と引き寄せ合ってしまいます。
今、一番親しい方やご縁のある方は、
どのような方ですか?
「欲しい…欲しい…」が口癖ならば、それは鏡さん!
気付いた人から
“与える人”であれるように心掛けましょう。

必ずそれが、相手に寄り添った愛なら
きっと、その愛はいつか何処からか必ず返ってきて、
同じように心をあたためて…
フワッと包み込むように優しくあなたを抱きしめてくれるはずですょ。。
2014/07/20

執筆者: misuzu (2:15 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

“あの世話し”は、
信じられない方も多いかもしれませんが…
勇気を出して書かせていただきます。

これまで私たちは、
霊界より…
『これまで通り物質を“神”としながら、
原発に依存して生きるのか、
それとも…
これまでの痛みや悲しみ、そして絶望から学んだことを
受け入れて活かし、脱原発に生きるのか』
の二者択一を迫られていました。

諦めてしまうわけではありませんが…
このままでは、また…私たちは、
大変な痛み辛み悲しみに耐えながら悶え苦しむ“荒行”を
体験しなくてはなりません。

それにしても、
福島の皆さまも土地も自然も動物たちも…誰もかれも何もかもが、
何の変化も望むようには感じられず、
心から笑うことも泣くことすら出来ていないのに…、
このまま、この国の意識は…
何もかもを置き去りおざなりにして、何処へ向かおうと言うのでしょうか。


※恐怖を煽られた…と、
感じられた方には、ごめんなさい。
“放念”頂けますと幸いです。
2014/07/19

執筆者: misuzu (12:07 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

花火大会などの場所取りに、
芝生に直接、ペンキや除草剤で
マーキングするという…
なんとも言葉を失ってしまうほどに、
霊性低下を思い知らされる
情けなく哀れな類魂があると知りました。

私たち全ての大人が、我が事として受け止め…
猛省し、早急に改善しなくてはならない課題です。

子どもたちに、心から詫びながら
何がどのようにいけなくて…
それをどのように改善していくべきか…を、
しっかりと説明できる大人でありたいものです。

それにしても…
ここまで人は、「自分さえ良ければいい」という
暗黒の深い深い奈落の底に落ちてしまったのでしょうか…
これも、
「絆」とは上辺ばかりのコミュニケーション不足や、
面倒を嫌い、楽ばかりを求めてしまう努力アレルギーなどが、
原因しているのでしょうか…。

夏休みも始まります。
海や山などでのレジャーを楽しまれる方も多いことでしょう。
神様、守護霊様…子どもたちは見ています!
「来た時よりも綺麗に」を忘れずに、
自然霊に敬意を持って、楽しい時間を過ごしましょう!
2014/07/18

執筆者: misuzu (12:51 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

人間関係のトラブルが
起こりやすくなっていませんか…

心に余裕が無く、自分以外のことが
見えなくなっていませんか…

「視野が狭くなっている」と感じたら、
一度ゆっくりと呼吸を整えながら
自分と向き合い、
“問題点”を言葉化してみましょう。
理性で分析することで、
自分と自分の周辺を客観的に見ることができます。

自分以外のものへの愛“利他愛”が無くなってしまうと、
たちまちトラブルが起こってしまいます。
どんなに忙しくても、
「愛」だけは胸に輝かせておきたいものですね。
2014/07/16

執筆者: misuzu (11:55 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

「バカは死なないと治らない」
は、嘘です!!

私たちの性格や人間の質・人格は、
死んでもすぐには変わりません。
それどころか、“長所”“短所”がハッキリと表れますから、
余計に“その人らしく”見えるものです。

改善すべき部分は、
生きてるうちに改善しましょう!

死して自分の人生は終わりではありません。

ずっとずっとまだまだ先まで「自分」ですし、
あの世でも“自分の人生”は続くのですから…
2014/07/16

執筆者: misuzu (12:55 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

日々激しくなる他国での戦闘…

遠く離れたこの地にも、
罪の無い幼い子どもたちが、
生まれて間もない赤ちゃんを胸に抱いた女性や、
軽装で…ごく普通の男性や、年配の方たちと一緒に、
空爆や銃撃から命からがら逃げ惑っている映像や、
大怪我を負ってしまった方や命を奪われてしまった方の映像が、
伝えられます。

“他人事”ではありません。
“対岸の火事”でもいけません。

ここで、私たちは“自分事”として受け入れ、
どれだけ想いを込めて“祈り”「実践」できるかが
試されているのです。

ここでの「実践」とは、
毎日の生活でのプラスのカルマ貯金と、
「今この時も、眠れぬ夜を過ごしながら…
大事なものを失ってしまうかもしれないという恐怖心と、
どうなってしまうのか分からない絶望感に襲われながら、
息を潜めながら身を屈めている人がいる」
ということを決して忘れずに、
善意を持って一分一秒を想いを込めて過ごすということ。
家事をしながら、仕事をしながら、子どもの面倒をみながら、
食事するときも、車を運転するときも、遊ぶときにも…

これらの「実践」が伴ってこそ、
心の底からの“祈り”に光が宿るのです。

一日も早く、感情で戦い・力でものを言わすということの
“愚かさ”に気付き…
子どもたちが安心して眠れる日がくることを、
「平和」を細かに想像しながら、魂を込めてお祈りいたします。

悲しくて仕方がありません…
2014/07/14

執筆者: misuzu (10:23 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

国会で、
『「昔」に感謝をすることで、
「今」を大事に生きられるようになる…」
と、仰られた方がいらっしゃいました。

本当にそのとおりです。

そして、
「今」に感謝できなければ…
いつまでたっても「幸せ」を
実感することは出来ないでしょう。
どのような「今」でも、
そこには、ほんの僅かでも…
気付きや学びも含めて「得るもの」があるはずです。
「失うもの」「足りないもの」そこに気を取られていては、
「幸せ」からどんどん遠ざかってしまいます。

編み目の粗い心で生きるより、
目の細かい心で生きる方が…
少しでも多くの「感謝」「幸せ」を
取り溢さずに得ることができますね。

“気を利かして”“気配り上手に”
視野を広く持ちながら、
「今」を大事に生きましょう。
2014/07/13

執筆者: misuzu (11:58 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

ご近所付き合い・人付き合いを、
「面倒臭い」とボヤいてはいませんか?

私たちは、これまでの震災で…
「助け合うこと」「寄り添い合うこと」…
何より『絆』の重要さを思い知らされました。

ここで、もう一度思い出して…
今度こそ「実践・努力」してみませんか…

“震災は忘れた頃にやってくる”

そう、忘れてはならないのです。
忘れずに“糧”として活かしましょう!
2014/07/12

執筆者: misuzu (10:41 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

守護霊さまは、
あの手この手多種多様な方法で、
私たちに大切なメッセージを伝えてこられます。

そのひとつに…
手や足を怪我したり、ぶつけて痛い想いをしたりするとき、
これは、「手を出してはいけません」「その考えは間違っていますよ」
「そこへは踏み込んではいけません」「その方向ではありませんよ」
「浮き足立っていませんか?地に足が着いていませんよ」
「もう一度原点に戻りましょう」「少し休みなさい」……などの、
メッセージが込められていることが多いようです。

腰が痛いときには…
周囲の人、とくに目上の方やご先祖に対して、
「少々配慮が足りていませんよ」
「生意気な言動をひかえましょう」「感謝が足りませんよ」…
と、腰を痛めると自然と腰を曲げて頭が下がることを利用して、
“頭が高い”ことを教えて下さいますし…

同様に身体の他の場所に起きたことも、
それぞれがヒントとなるメッセージが込められています。
耳なら耳、目なら目・眼が入っていることわざや熟語を
思い出してみても良いかもしれませんね。

出来事には、全てに意味があります。
“見落とし”“聞き逃し”のないように、
意識して生活してみましょう。
2014/07/12

執筆者: misuzu (1:15 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

流れが激しく、合流の多い河川の石ころほど、
丸くツヤツヤしています。

私たちの心も同じですね。
波瀾万丈で、
様々な人との出会いが多い“社会”に揉まれれば揉まれるほどに、
私たちの五感はゴリゴリガリガリ研かれて…
粗いヤスリから細かいヤスリをかけられながら、
ツルツル丸く美しく磨かれます。

お風呂の浴槽の中のような磨き石も流れも何もない…
ただ心地良いだけの“人生”に浸かっているだけでは…
魂が磨かれて心が豊かになることは
無いといっても過言ではないでしょう。

理性をもって、どんどん人と“磨き愛”ましょう。
理性をもって、色々な経験をしましょう。
今は「原石」でも…この世を旅立つそのときに…
私たちは、どのような輝きを放つ「宝石」に
仕上がっているでしょうか…。

私は、くすみのない透き通る輝きを放ちながらも、
強く美しい「真実」を兼ね備えたダイヤモンドなら良いなぁ…

でも、自分自身も浄化しながら、
愛する人の心・魂にさえも清々しい光を呼び込み、
やがて全ての命と調和しながら「源」へと誘う力のある、
角ひとつ無い丸い水晶でも良いなぁ…
と、勝手に想像しながらもこれを目標に、
努力しながら「今」を生きています。

ちょっと、目標高すぎるかもしれませんね;

« 1 ... 162 163 164 (165) 166 167 168 ... 224 »





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!