美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
金の魂語(きんのたまご) - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2014/01/13

執筆者: misuzu (12:37 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

「大人の感性」
で、生きることができていますか…

言葉・行動・想いが、
幼稚になってはいませんか…

ときに、
子どものような好奇心や冒険心、探究心なども必要ですが、
そこに「大人の感性」が無くては、
たちまち、間・魔が差してしまうなど…
マイナスのカルマが生じることになるでしょう。

一日の終わりや、思い出したときにでも、
自分を客観的に見て分析してみましょう。
幼稚だったなぁ…って、
後で恥ずかしくなることも結構あるかもしれません。
私の場合、その原因は「甘え」であることが多いのですが…;
反省して、改善して、前へ進み、努力をしながら、
大人の感性をもっともっと磨いていきます。

それにはやっぱり
“豊かな経験”と“豊かな感動”ですね。
ぼやぼやしてると、子どもたちに追い越されてしまいますものね!
2014/01/11

執筆者: misuzu (10:24 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

成人式を迎えられた皆さん、
おめでとうございます。

これからは、
本格的に『自己責任』のもと、
これまで愛を向けて下さった方々に恩返しをしながら、
自律・自立して、
自分の人生をコーディネートしていきましょう。

これまで一生懸命に、
自己犠牲のもと身を削りながら、
子どもたちへ愛を注いでこられました魂の先輩の皆さん、
本当にお疲れ様でした。
これまでは、この世のルールを教育しながら、
物質的な面でのサポート大変なご苦労もあられたことでしょう。
それでも、これからは…
守護霊目線でのサポートとなります。
可愛い子ほど旅を〜。。
愛を持って、たとえ近くにいても…
遠くから子どもの霊性向上を見守り、
転んでも起き上がるまで、ぐっと辛抱しながら静かに愛念を送りましょう。

成人を迎えて熟した果実には、
過度の栄養やぬくぬくの環境は逆効果です。
…たちまち腐ってしまいますものね。
2014/01/10

執筆者: misuzu (10:00 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

ひとつだけ、どんな願いも叶うとしたら、
何を願いますか…

その答えに、今年の目標となる、
自分の解消すべき課題が露わになってはいませんか?

うちの父は、上記の質問に対して
「やっぱり、大金持ちになりたい!って願うだろうなぁ」
と、答えました。
その後、家族からの「なんで?」の質問に、ハッ;とした様子で
目を細めながら…
「だってほら、、お金持ちなら困った人も助けられるだろぉ!?」
と、取り繕いましたが…当然のように、
「お金持ちじゃなければ、困った人は助けられないの!?
それこそ怠惰の極み!普段から思っていたら、何々があれば…とか、
何々が無ければ…なんて、人助けに条件なんて不要なことくらい
分かってるはずだよね!はい、お父さんの課題見えたね。良かったね。。」
と、返されて撃沈していました(笑))

自問自答でも、今抱える課題…
執着や横着、怠惰や惰性…様々な未熟さが見えてくるかもしれませんね。

その答えは、自己愛ですか?それとも利他愛?

愛が動機の気の利いた誰かのための願い事であったなら、
守護霊さまにも感謝ですね。
順調に、この世での修行をこなすことができている証拠、
霊性向上できている証拠ですね。。

私は、世界中から「戦争」が無くなるように願います。
この願いを叶えるために、一生懸命努力します。
他力本願ではなく、自力本願です!
2014/01/08

執筆者: misuzu (11:24 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

今まで…
思い通りの人生を送ってきた人が、
この世にどれだけ存在するでしょうか。

思い通りにならない、
思う通りにいかない、
そんな面倒臭くて不便な世界だからこそ、
私たちは、自らの意思で物凄い倍率を勝ち抜いて、
やっとの思いでここに生まれてきました。
「学び」「磨く」ために…。

人生が思い通りにいかなくて、
絶望し、前を向いて立ち上がることも困難な状況にある方は、
思い出してください。

“私たちは、便利過ぎたあの世から、
不便過ぎるこの世に憧れて、自らの意思で生まれてきました。
あの世にいる時間よりも、遥かに短いこの世での時間の中で、
少しでも多くの経験と感動を得るため…
最小限のカリキュラムを持って、苦難苦悩に磨かれながら、
少しでも霊性向上し光増すために…”

思い通りにいかない人生ほど、
私たちは育ちます。

思い通りにならない人生ほど、
私たちは光輝きます。

だから、何度躓いたとしても…
捻くれ腐らず、投げ出さずに、
「これが人生の醍醐味だ」と受け入れて、
真理をもとに消化して、魂の栄養として吸収しましょう。





2014/01/08

執筆者: misuzu (12:57 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

当たり前の毎日でも、
ある日突然景色が変わって、
“当たり前”ではなかったんだ…と、
思い知らされることがあります。

愛する人との別れ、
愛するペットとの別れ、
大事な物や健康、自由を失う…
様々な苦難苦悩が、
“当たり前”の日常をガラッと変えてしまう…。

だから、
今日・今、この時を大切に、
何が起こっても悔いの残らぬように、
「言葉足らず」「感謝足らず」「後まわし」
とは無縁に、思いを込めて生きましょう。
2014/01/06

執筆者: misuzu (12:08 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

子どもは、
“言葉にできない思い”
“言葉にならない思い”
を、親や周囲の大人たちに、
色々なサインとして送っています。

その思いをくみ取り、
感じ取ってあげることこそ、
先にこの世に生まれ生きている魂の先輩でもある、
私たち大人たちの責務。。

曇りのない眼差しで寄り添いながら、
子どもたちの“サイン”を受け取り、
大きな「愛」と「安心」を注いで
育んであげられる大人でありたいですよね。
2014/01/05

執筆者: misuzu (12:15 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

こうして欲しい…
こうなって欲しい…
こうであって欲しい…

パートナー、親、子、友人、ペット……
に対しての理想・願望には、
自分の執着、自分に都合の良い“感情”が、
なみなみに溢れています。

人は誰でも、
自分に相応しい「学び」の中に生きています。
それらをお互いに
『尊重し合い』ときに『見守る』ことも、
【愛】ですよね。

心配事や理想・願望…それらを人に向けるとき、
心に込み上げてきたときは、
一呼吸置いて分析してみましょう。
これらは、果たして…
“自分に都合の良い結果を求めてしまってはいないか”
“ちゃんと自律・自立し、誰かのための幸せを優先できているか”
“例え涙するような結果になったとしても、
相手の成長のためならと、心から寄り添い、
痛みを分かち合う覚悟(愛)はあるか”
“そこに執着は無いか”

期待してもいい、理想を描いてもいい、
ただ、それらを口に出したり相手に押し付けてしまうことがあれば、
この世は【学びの道場】なので、
きっと裏切られるという結果を招いてしまうでしょう。
でも、それも「気付き」のため。
そこで、気付けばハナマルなのです。

私も、日々「気付き」を頂いています;
ついつい、、期待しちゃうんですよね〜!
「これくらい常識でしょっ!」って…;
なので、慌てて、
期待指数をゼロに設定するのですが、
そうすれば全てに「感動」できるんです。。
「あっ、生きてる!」「あっ、喋れた!」って…
すると、「バカにしてんのか!?」と言われますから、
それも想定内に設定しておきます(笑))スミマセン(謝;))
2014/01/04

執筆者: misuzu (12:59 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

「幸福」は、
私たちが、周囲の人や自然・動物に“与えた”「結果」として、
“与えた分だけ”返ってくるものです。

周囲の人が、
どうしたら笑顔になってくれるだろう…
どうしたら「幸せ」を感じてくれるだろう…
どうしたら輝いてくれるだろう…
と、寄り添い『気を利かす』生き方に、
自分の人生に起こる苦しみや悲しみを含めた全てのことに
「感謝」のできる心と、
何が起こっても…何があっても…
「幸福」だと思える心であることを足し算しながら生きることで、
また、より多くの「幸福」を実感することができますよね。
2014/01/03

執筆者: misuzu (12:13 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

初夢占いで、
「一富士二鷹三茄子」よりも大切なことは、
なんとなくでも…
“優しい気持ち”であったかどうかです。
歯を食いしばるような悔しい夢、薄暗い映像の夢、
痛い・辛い・怖い夢…などではなく、
柔らかく心地よい色合いで“優しい気持ち”でいられた夢。
殆どの夢は、自分の波長と同じ高さの
“あの世の階層のエナジー”と共鳴して見えます。

お正月、心の状態は柔らかく優しい色でほかほかですか…

お正月ならではの清々しい音楽・音霊は、
心地良く受け入れることができていますか…

みなさん、初夢は“無事”でしたでしょうか?(うふふ♪))

今の世に生きながら、なかなか…;
鷹やお茄子の夢を見ることは、難しそうですよね。。
2014/01/01

執筆者: misuzu (11:28 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

お節料理…
その本当の起源は、弥生時代まで遡るのですが、
物が豊かになり、食べ物も豊富な時代になってからは、
お節料理には、お母さん(orお父さん)を
労わる「愛」も加わったように感じます。

いつも家族のために炊事してくれるお母さん(orお父さん)にも、
お正月はゆっくりして貰いたい…という「愛」。
お正月くらいは、ゆっくりさせて欲しい…という願いに対しての、
「感謝」の込もった「愛」。。

お正月、家族や愛する人たちに寄り添い、
労わり合えていますでしょうか。
誰かがやって“当たり前”な事なんてありません。
できなければできるように…
苦手ならば克服できるように…
自分が自由にゆっくりと休めていたら、
なぜこのような時間を過ごすことができているのだろう…と、
周囲に気を配り分析してみましょう。

誰かが忙しく動いていたら、すかさず“気を利かし”、
「愛」持って寄り添いましょう。

でも、その前には、
やっぱり日ごろの「感謝」を忘れてはいけませんね。

« 1 ... 181 182 183 (184) 185 186 187 ... 224 »





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!