美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2019 3月  »  »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
金の魂語(きんのたまご) - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2013/12/24

執筆者: misuzu (11:26 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

クリスマス・イブ
聖なる夜には、
家族・愛する人、友人・知人…のために、
心を鎮めて祈りましょう。

愛の込もった祈りのエナジーは、
何より高価なクリスマスプレゼント。
サンタさんよりも早く、
愛する人の魂へ届けられます。


メリー クリスマス・イブ♪
愛念込めて、光と共に…
皆さんのお幸せを、心からお祈りいたします。
2013/12/23

執筆者: misuzu (11:30 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

「天皇誕生日」
今上天皇陛下が傘寿(さんじゅ)を御迎えになられました。
日本国民の誰よりも、
平和を願い、被災者に寄り添い、他者のために生きて、
神様に最も近い生身の人間…
それが、今上天皇陛下です。
天皇陛下の毎日の御祈祷無くして、
私たちの「今」はありません。
それほどに、天皇陛下が結んで下さる天界との絆、
繋げて下さる命の架け橋は尊く、
私たちの生活やこの国の存続には無くてはならないものなのです。

それでも…
今こそ…
私たちは、御高齢でも常に身を削って国民に寄り添って下さる
天皇陛下の大きな慈愛に御答えして御恩返しすることと、
私たちが、今以上に努力し知力を上げて霊性向上し光となって、
天皇陛下を御支えしなければならないのではないかと思うのです。

あの世・この世・右・左…
それらの「真ん中」に地に足つけて生きることこそ、
霊的真理の実践です。
私は、天皇皇后両陛下こそ真理の化身であって、
霊性向上・現世をより良く生きるための「御手本」なのだと
感じ生きています。
2013/12/23

執筆者: misuzu (2:22 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

2013年12月22日、全国のスタッフさんたちが、
皆さまからお預かり致しました、たくさんの愛を、
サンタさんとなって子どもたちへ届けて下さいました。
(本日18カ所、後日お届けの地域もございます)

札幌スタッフさんたちは、
300km以上の距離を、雪の中届けて下さいました。

子どもたちも、施設スタッフさんたちも、
皆さん大喜びで大歓迎して下さって、
サンタさんたちも大満足の、
素敵な素敵な、ちょこっと早いXmasとなりました。

皆さまの、小さな宝物ちゃんたちを思う、
温かく大きな大きな愛は、
しっかりと子どもたちの胸に輝きました。

ご参加下さいました皆さま、
子どもたちの幸せをお祈り頂きました皆さま、
寒い中、文句一つ口にせずお届け役に立候補して下さったスタッフさん、
快く、愛を受け止めて下さいました施設関係者の皆さま、
喜んでくれた子どもたち…
皆さん、ありがとうございます。
これからも、みんなで寄り添い合いながら、
しっかりと愛を持って生きていきましょう。

子どもたちが、
愛を感じられる・夢を持てる・大人に憧れることのできる…
そんな当たり前であって当たり前では無くなった今の世に
勇気と使命を持って生まれてきた子どもたち。
大切に、寄り添って、愛を向けて、守護することこそ、
私たち大人がしなくてはならないことだと思います。
そして、私たちや先人たちが蒔いてしまったマイナスのカルマの種が、
花となり実となり“結果”となったものを、刈り取ってくれるのも
今の子どもたちです。
これ以上の負荷を与えてしまわぬように
真理を込めて生きることは当然のことですが、
償うことも必要ですよね。

私たちは、血のつながりなど無くても、
ご近所から遠くで暮らす子どもたち…全ての子どもたちに
精一杯の愛を向けて、
この子たちの未来を照らす光とならなくてはなりません。

どのような状況にあっても、
子どもたちは、みんな邪気など無い『無邪気』で、
“光”そのものなのです。

子どもたちの心からは、
「愛が欲しい…愛をちょうだい」と聞こえてきます。
そして、多くの子どもたちが、
「抱っこして」ってお願いしてくれます。。
何度も何度も「抱っこ!抱っこ!」って……
福岡スタッフ代表の男性が抱っこしてあげた男の子は、
そのまま、温かい胸にねんねしちゃったみたいです。
(近日公開のスタッフさんレポートと詳細をお楽しみに♪))

皆さんの愛念で、
子どもたちをギュ〜ッと抱きしめて、抱っこ出来ています。
本当に、本当に、有難いことです。
有難う御座います。


――――――――――――――――――――――――――――

■美鈴サンタ2013活動報告

全国の皆様ご協力ありがとうございました。
2013’第1回目は、美鈴講演会ボランティアスタッフ様ご協力の元、12月22日(日)に全国各地域の児童養護施設・乳児院(8地域18箇所)へ訪問させていただきました。

少しお時間をいただいて活動報告を随時更新してまいります。皆様からお預かりした寄付金は、美鈴サンタのクリスマスプレゼントとしてお届けいたします。

2013年第1回目各地域の活動報告(レポートと画像)は、随時更新してまいります。(2013.12.22現在)
http://misuzu-message.com/modules/tinyd4/index.php?id=61

よろしくお願いいたします。

(美鈴公式サイト管理者 親方!)

――――――――――――――――――――――――――――
2013/12/22

執筆者: misuzu (12:36 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

『ゆず湯』の効果をより良くUPする方法があります。

それは、柚子を少しもみもみしたり浮かべたりした浴槽に、
コップ一杯程の清酒を入れる…のですが、
そのときに、声に出して「融通が利きますように」という
誓いの言霊をお湯に混ぜましょう。

昔から、冬至→湯治として22日は、
ゆず湯に浸かる風習がありますね。
ゆずには、血行促進や鎮痛作用…
ビタミンCなども豊富で風邪の予防にもなりますし、
香りには、邪を祓う効果もあります。。

また、ゆずと融通では冗談のようですが…
「融通が利く人生」「融通が利く人間」
身体も心も、ゆず湯でポカポカ温まったら、
ずっとそのまま柔軟でありたいですよね。

私は、この時期気付けば殆んど毎日、ゆず湯です。。
2013/12/21

執筆者: misuzu (1:05 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

空気が乾燥しているうえに風も強く、
火災が多く発生しているようです。

この季節、私が気を付けていることは、
「保湿」なのですが…
お部屋や身体の保湿だけではなく、
空気が乾燥して、火災が多く発生することも
“メッセージ”と受けとめて、
心が渇いて、怒りっぽくなってはいないか内観しながら、
「心の保湿」も心掛けています。

美術・芸術・自然界の美・読書や美しい音楽を鑑賞したり、
家族との時間は、なるべくTVなど無しにして会話を楽しんだり、
美味しいものをいただいたり♪…

心は、いつもヌクヌクほかほか温かく、
かさかさ渇いてしまわぬように、
潤い保湿のぷるんぷるんでありたいですね。

渇くと、直ぐに火がついてしまいますから…
気を付けましょう。
2013/12/18

執筆者: misuzu (2:11 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

愛は、
“求める”ものではなく“与える”ものです。

「愛されたい」と、望むとき…
「愛が足りない」と、嘆くとき…
自分主体、“自分可愛い”になってはいないか内観してみましょう。

そして、なぜそのように思うのか自分自身と向き合ってみましょう。
感情に支配されてはいないでしょうか…
他人に、愛を注いで寄り添えているでしょうか…
また、自分を大事に出来ているでしょうか…
損得・計算・競争で生きてはいないでしょうか…
些細な事にも感謝は出来ているでしょうか…
植物や動物に愛を向けているでしょうか…

“愛されたい”なら、“愛すること”…
“幸せになりたい”と願うなら、自分以外の誰かを“幸せにする”こと…
「カルマの法則」ですよね。

周囲に与えてこそ、与えられるもの…
それが「愛」であり「幸せ」なのです。
それに、自分だけが「幸せ」なんてつまらまい。
周囲の人、愛する人、みんなが幸せでなければ、
本当の「幸せ」も…「愛」だって感じられませんものね!
2013/12/17

執筆者: misuzu (2:28 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

今、この世から無くなると困る物や、
明らかに依存・執着しているものなどを、
私は、定期的にノートや手帳に書き出してみます。

今日も、、出てくる出てくる…;で、
たちまち文字で埋め尽くされるページをめくりながら、
自分の未熟さと改めて対峙して、
それらは、解消すべき課題と比例しているので、
とっても、気が遠くなりました;

それでも、少しずつ依存や執着を卒業していかなくては、
勿体無い人生になってしまいます。
私たちは、少しでも自律、自立して霊性向上していかなくては
ならない存在なのですから…。

去年の今頃、書き出したものからすると、
今日書き出した執着や依存の数や内容には、
嬉しい変化がありました。
…なので、密かにちょっとだけ自分を褒めてあげました(照))
書き残して比較することで、今の自分の状況がわかります。
大事なことですね。
2013/12/16

執筆者: misuzu (12:54 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

何が起きてもおかしくない
こんな時代だからこそ、
私たちは、もう一度…
揺るがない信念を持って、
日々の些細な出来事から、
世間を震撼させるような出来事まで、
どのような事が起きても、
動揺して、右往左往振り回され流されることがないように、
しっかりと、地に足をつけていなくてはなりません。

今こそ冷静に、
どのような状況下にあっても、
「不動心」で、向き合い、受け入れ、学びとしましょう。
2013/12/14

執筆者: misuzu (11:57 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)

地震が続いています。

“天災は忘れた頃にやって来る”
…だから、絶対に忘れてはいけませんね。

備えは万全に整えながらも、
備えたものに頼る日が来ないように、
日々の生活の中で、
「天災を引き寄せてしまうようなカルマ」を生まない
想い・行動・言葉を心掛けましょう。

そして、子どもたちの未来に、
豊かな自然・共存している動物たち・素敵な笑顔…
そんな「光」が溢れているように詳しくイメージしながら、
『祈り』ましょう。
2013/12/14

執筆者: misuzu (12:56 am)
この年の瀬迫る忙しない空気の中で、
毎日のように耳に障る、
身を切られるようなニュース。

詐欺・窃盗・殺人・無理心中…

その度に、被害に遭われた方に寄り添いながら、
加害者が、どうしてそのようなことをするまでに到ったのか…を、
加害者に寄り添いながら、様々な目線で分析します。
そこで、毎回思うのは…
私たちは、なぜ【笠地蔵】の主人公である老夫婦のような
“思いやり溢れる生き方”に学び、知力を肥やし、
人間力を発揮することなく、
自ら、幸せから遠のく道をわざわざ選んで
「これが最善の策だ」と、突き進んでしまうのだろうか…
と、いうこと。
やはり、ここでも「無知は罪」という答えに行き着くのですが…、
何とも、遣る瀬無い気持ちになります。

少しでも多くを学び、感動し、知識を得ることで、
人に寄り添い、苦難に負けない人間力
「本当の強さ」を身に付けることができるのですから、
私たちは、何があっても人生に背を向け逃げて、
他人も自分も殺めてはならないのです。
必ず、「「それでも生きていたなら」」
“生きてて良かった”って、思える日が“必ず”来ることを、
少なくとも、私は知っていますし、そう信じています。

« 1 ... 193 194 195 (196) 197 198 199 ... 234 »





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!