美鈴公式サイト
メニュー
お問合せ
美鈴日記最新
美鈴日記アーカイブ
美鈴日記カレンダー
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
金の魂語(きんのたまご) - misuzuさんのエントリ
 misuzuさんのエントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2020/04/09

執筆者: misuzu (9:01 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
どんなに愛する家族でも、ずーっと一緒にいると;

ついついイライラしてケンカ…なんてことも多いかもしれませんね。


このようなときこそ、親しき仲にも…で、

「おはよう」から「おやすみなさい」までの挨拶や、「ありがとう」「ごめんなさい」「美味しいよ」「嬉しいよ」「素敵だよ」などの言葉も

いつも以上に多めでハッキリ伝えられると良いですよね。


愛のこもったポジティブなプラスの言葉を掛け合うことで、細胞も活発化、免疫力もアップします!


不安感に支配されて感情的になり、ネガティブな言葉のやり取りをしてしまえば…

どんどん波長も免疫力も何もかもだだ下がりで、そうなると「波長の法則」でどのような出来事を引き寄せるか…

考えるだけでもゾッとしますよね。


様々な不安も不満も、この際何処かに置いといて…

感謝の言葉・愛の言葉・褒め言葉…

ちょこっと意識して過ごしてみましょう。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「ぽん太」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/09

執筆者: misuzu (8:51 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
世の中の緊急事態に…


事務所の前の公園に集まって「お花見」をしている20人くらいの高齢者…

聞けば「もう、いつ死んでもいいからコロナなんて怖くない!」「家にいても息が詰まる」のだそうです。


“想像力”も“寄り添いの愛”も“自制心”も“周知心”も、何もかもを持ち合わせていない物質界の先輩方に、堕落した魂の闇を見て…

畏れ多くも神々の嘆きが聴こえたような氣がしました。


「いつ死んでもいいから…」それは霊性が高いからではありません。

「コロナなんて怖くない!」自分が感染源となり、周囲の「死にたくない人」に感染させてしまう可能性があることを、普段から周囲の人に寄り添っていないから思わないのです。

…もう、ひとこと一言に物言いをつけたいところですが;

自分の波長を下げても仕方がないので、


「子どもたちが見てますよ。今は、おじいちゃんおばあちゃんが お手本とならないといけません。早めに切り上げて気を付けて 帰って下さいね。」とだけ言い、『放念』しました。

他人事なのですね…。

情け無い。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「ままちゃん」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/07

執筆者: misuzu (9:39 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
やっと、緊急事態宣言です。


もっと早く出されていれば…

オリンピック誘致していなければ…

武器をあんなに開発・購入していなければ…


言いたいことは山ほどありますが、


ここは、皆で痛み分けして協力し合い乗り切らなければなりません。


得るものがあれば、その分、失うものがあるのです。


普段便利な場所ほど、目には見えない大切なものを失っているのです。


自律・自立しなければなりません。


この機会に、「本当に大切なものは何か」を、多くの方が考えて下さることを心から祈ります。
  
  
  
2020/04/07

執筆者: misuzu (9:34 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
「お給料、貰えるかなぁ…」

このような事態に陥ると、
必ず真っ先に考えてしまうのが物質的な不安です。

仕方がありません。ここは、物質界なのですから…。


けれども、霊的真理の光の恩恵を受けている私たちは、少し違う角度からも物事を捉えることが大切です。


まずは、普段お給料をいただけていることへの感謝を思いながら、職場の経営者や管理者はどうだろうか…、

仕事が出来ない今、給料の支払いをどうしよう…など、大変な思いをしてるのではないだろうか…、と、寄り添って考えてみましょう。


実際、会社経営者さんや個人事業者さんからのご相談も急増しています。
その際、霊視して視えてくるのは、今こそ社員一丸となってアイデアを出し合い、“今に合った仕事をする”という映像です。

これまでの製造は一先ずお休みして、マスクや防護服などを製造したり、食品の流通経路を見直したり、人々が求める…

それぞれがそれぞれの力で、“今に合った”形でのお仕事をしていただけるようにアドバイスもさせて頂いています。(※現在、緊急を要する会員様のみの受付けとさせて頂いています。)


ただただ不安を抱いて、他人事のように受け身でいるより、「今、自分はどのような事で職場の力になれるだろうか」と考えて実践する方が、守護霊さまも喜んで協力して下さいますし、不安も払拭できるのではないでしょうか。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「ここあandみるく」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/06

執筆者: misuzu (10:38 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
子どもは、親の顔色を見ながら悪さをします。

犬や猫も同じです。
悪いことをすれば…
「こらっ!」と、飼い主さんが近寄って来てくれて、気をそらすようにワシャワシャ遊んでくれたり、

悪戯をしていた場所から離そうとして、おもちゃやおやつを与えたりしますよね。

それを彼らは「構って貰ってる」「愛されてる」と感じて安心しているのです。


子どもたちは、
「こんなことしても愛してくれる?」

「こんなことしても許してくれる?」

「ちゃんと私を見てくれる?」

「ちゃんと育ててくれる?」

と、親や周囲の大人たちに“愛の確認作業”を惜しみません;。


そして、親や周囲の大人たちの魂を育てるために、子どもたちは産まれてきます。

なので、目の前の大人の“一番嫌なこと”をして見せたり、言ってみたりしながら、“愛の確認”と同時に「魂磨き」をしてくれているのです。


「カチン!」ときたら、
それは、子どもやペットの思惑通り!!

どんぴしゃな学びを提供して頂いたのですから、感情では無く冷静に受け止めて、感謝して自分の未熟さと向き合うことが大切なのです。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「てんちゃん、じんくん」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/04

執筆者: misuzu (10:18 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
家にいながら…
誰にも会わずに…
喜怒哀楽の感動を得て
魂を磨くことのできる「読書」。

本を読んで
想像力を磨きながら心を動かし、
魂を磨く…。

今のご時世には、
特に有り難いことですね。

どのような本を読みたいか…。
直感に任せて選んでみましょう。

私は守護霊さんに、
「今、私に必要な本はどのような本ですか?」と心の中で尋ねながら、本棚の前に立って無心で選びます。

…と、結局その本は、今の自分やこれからの人生に必要な本だったりするから不思議です。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「てんちゃん、じんくん」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/04

執筆者: misuzu (12:05 am)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
今のご時世…

「自分は大丈夫」
という考えは『悪』です。

“他人事”で軽率な行動は、殺人行為でもありますし自殺行為でもあります。

このような状況で、
子どもたちを学校へ送り出しますか?

まるで、手塩にかけて育てた可愛い我が子を、

(お国のため)と…

(そうすることが当然)と…

(うちだけ国に反することはできない)と…

戦地へ送り出す…あのときの母のように…。


まだ、感染拡大していない地方ほど、徹底した強固な判断が必要です。


※本日、金の魂語を書いたのは2回目です。
最初に書いた魂語は、周囲の判断から「会員様限定」で配信させて頂くことになりました。(謝;)
  
  
  
2020/04/02

執筆者: misuzu (10:15 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
責任感や使命感、そして正義感…

「私がやらなきゃ誰がやる?」

「他人に迷惑を掛けてはいけない!」

…などの氣持ちは、大切です。


けれども、度を越せば話は変わってきます。


頑固だと思われたり、思ったように上手くいかなければ、心のバランスを崩して「鬱」と診断されることにも成り兼ねません。


今のような切羽詰まった状況では、完璧主義の壁を壊し、適度にいい加減に…

完璧主義の壁で隠していた、自分の中にある弱さや未熟さを柔軟に受け入れて、風通しを良くした方が…

案外、上手くいくことを学ぶことができるのです。


悩む苦しみ、考え込んで精神バランスを崩してしまうくらいなら、いつも以上に多く睡眠時間をとって、寝ている間に、あの世で良いアドバイスを頂いた方が数倍賢い方法です。


介護や看病でも同様に、一人で抱え込まずに誰かに助けを求めて、ゆっくり休むことも大切です。


真面目で、何事にも一生懸命に向き合う「善い人」こそ、まずは自分の身を案じてケアしましょう。

今こそ「ちょこっといい加減」くらいで調度良いのだと思います。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「むぎ」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/04/01

執筆者: misuzu (10:04 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
1991人…

2019年に虐待被害に遭った18歳未満の子どもの数です。

過去最多と言われていますが、今後は、もっと増加すると思われます。


身内やご近所…
私たちには第六感があります。

歪なオーラを放つ子どもを目にしたら「?」と感じるはずです。


「?」と感じたら、そのまま放念してしまわずに、意識を向けてあげて下さい。


そして、今…
子育てに苦しんでいる人にも周囲の人の支えが必要です。「?」と感じたら、「大丈夫?私で良ければ話を聴くよ…」「悩んでるんじゃない?自分も経験あるから一緒に考えさせて…」など、相手に合った寄り添いを心掛けましょう。


「見て見ぬ振り」で生まれるマイナスのカルマも、同じような形で、必ず自分自身に返ってきます。


そして、何より…
これまで犠牲になった幼い命を「過去」として、命を掛けたメッセージを無視してはいけません。
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「おこげ」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  
2020/03/31

執筆者: misuzu (9:32 pm)
■本日の【金の魂語】(きんのたまご)
  
誰もが知る芸能人の死因は、

皆さんもお氣付きでしょうが、

やはり「偶然」ではありません。


コロナウイルスの危険性を、

寿命をもって老若男女に知らせるために、

自らの「死因」を決められたのです。


私たちは、寿命を決めて生まれてきますが、

「死因」は予め決めてはいません。

この世に生きながら、カルマや様々な生き様によって、

どのように死を迎えることが、

自らの魂には勿論のこと、

周囲の魂やより多くの人の魂を磨くことが出来るだろうか・・・

多くの人の心を動かし、より良い方向に導くことが出来るだろうか・・・

または、自らのカルマを±0にしてあの世へ帰ることが出来るだろうか・・・


などの、多くのことをあれこれ考慮しながら、

自らが決めるのが「死因」なのです。


自殺は違います。

御遺族様には酷な事ではありますが・・・

ほとんどの場合、自殺の動機は、他者への愛ではなく

”あてつけ”もしくは”逃げ”だからです。


今後、自殺も増えるかもしれません。


絶対に私たちは忘れてはいけません。

生き抜くために、生きながら学ぶために、この世に生まれて来ました。

何があっても、どのようにしてでも「生きること」が大切なのです。

物質界と霊界のちょうど中間の随神道を、

霊的真理を軸としながら泥に塗れながら生きることが求められているのです。


だから、ポ○ンと一軒家のような番組が流行るんです。


全てはメッセージ!!

無駄にしないように柔軟に生きましょう!
  
  
  
  
  
※犬猫さんのInstagram「子猫」更新しました↓↓↓
アカウント名
misuzuanimalwelfare
美鈴動物愛護協会
で検索!お願いします♪
  
  

(1) 2 3 4 ... 274 »





LINEスピリチュアル・メッセージを毎日配信中! 「 @misuzu 」で検索!