• HOME
  • ロイヤルイエローアンバー(琥珀)ブレスレット14mm

ロイヤルイエローアンバー(琥珀)ブレスレット14mm

美鈴からのメッセージ

4000万年~5000万年前の海底の地層から、嵐の次の日などにバルト海沿岸に打ち上げられるなどした、最高に貴重で地球を傷付けない方法で採取された『ロイヤルイエローアンバー』は、他の様々な琥珀(アンバー)の中で、一番高級で貴重な100%植物由来の「海の琥珀(Sea Amber)」です。

大きな琥珀の原石の中心部から、ほんの少ししか採取できないロイヤルイエローアンバーは、バルト海の海底で4・5000万年の間、浄化のエナジーと強い意志を身に付け、様々な奇跡を得て海岸に打ち上げられた、氣が遠くなりそうなほどの奇跡過ぎる宝石です。

地球のエナジーをギュッと凝縮して、地球の生い立ちを私たちに伝えようとしているかのような…まさに、地球の“タイムカプセル”…“小さい地球”と言っても過言ではないほどです。

また、バルト海沿岸では「海の女神ユーラテ神話」から、嵐の次の朝、白い海岸に打ち上げられる琥珀は、海の女神ユーラテの涙だと言い伝えられ、大事にお祀りされてきました。

その昔、海の女神ユーラテは、自分の海を荒らす漁師たちに「もっと、命の源でもある海に敬意をはらい漁を行いなさい」と、何度も警告をしてきました。それでも乱暴なやり方で漁を行う漁師たちに腹を立てたユーラテは漁を行うことを禁じました。そんなある日…漁師を代表して若くて逞しく賢い男性がユーラテと話し合うためにやってきたのです。

話し合いをしているうちに…ユーラテとその漁師は恋に落ちて、ユーラテは、海底神殿へと漁師を連れて行き、2人は神殿で幸せなときを過ごしたのです。しかし、神殿内でのユーラテと漁師の関係を良くは思わない者たちの噂話は、事実とは異なった形で最高神の耳に入ってしまいました。

それに腹を立てた最高神は、恐ろしい形相で漁師の前にあらわれると、漁師に雷を落とし、海の底深くに沈めてしまったのです。それ以降…嵐の後に打ち上げられるようになった琥珀を、「愛を守る女神の涙」また、「人魚の涙」「愛を咲かせる石」「護身の石」などとして信じるようになり、特別な儀式などで大事に身に付けるようになったのです。

中国などでは、王族や位の高い僧侶のみにロイヤルイエローアンバーを身に付けることが許されていました。それだけ「特別な力を持つ石」とされていたからです。

その“特別な力”とは…

★悪霊や様々な災いから身につける者を護る

 (身につける者の健康と長寿を助ける)

★イギリスなどでは、結婚十年目に感謝の気持ちを込めて琥珀を贈り、永遠の愛を誓うとされています。そして、琥珀を大切な人へ贈ると、“贈る側の人も贈られる側の人も幸福になる”と言い伝えられています。

★バルト海のアンバーには、琥珀酸や琥珀オイルといった科学的成分も多く含まれていて、エステや治療などでも昔から使用されています。

★ロイヤルイエローアンバーは、昔から世界中の霊能者や祈祷師、王族や位の高い宗教家などに…『富と繁栄』『神々と繋がるためのツール』『精霊(聖霊)の力を借りるためのツール』『決断力・判断力・念力を高めて、導く宝石』などと、“高貴な宝石”として大事にされてきました。

★金運・仕事運、富と名誉を運ぶとも言われています。

★浄化の作用も非常に強く、一緒に身につけたり置いておくことで、水晶の力も高めてくれる相性の良い宝石です。

実際に手にとって頂ければ、水に浮くほど軽い宝石なのに…なんとも言えない温かみと柔らかな感触と意志の強さが伝わってくる…本当に不思議な石だと実感して頂けるはずです。

私は、琥珀界の頂点はロイヤルイエローアンバーだと確信しています。バランスのとれた優れたエナジーで私たち人間に寄り添ってくれるのは、ロイヤルイエローアンバーだと実感しています。

採取量が本当に少ない、とても希少な「地球の宝」です。…なのですが、今回…新型コロナの影響で、中国の富裕層の方々による買い占めが発生してしまい、私も、氣付くのが遅れてしまいました。

それでも、本当に“質の良いもの”を、自社契約の腕利き目利きの信頼できるバイヤーさんに採取国で直接入手して頂き、中国で売買されている物(採取場所と方法が異なります)よりも質が良くお値段も半分程度の正規の価格で購入できました。

しかし…販売する予定ではなかったこともあり、今回も少数にはなりますが、素敵なご縁が繋がり、幸福をお届けすることができるのなら幸いだと販売させて頂く形となりました。

アマビエさんよりも断然強力な疫病除けです(笑)

美鈴